ファンケル【アクネケア全成分】たっぷりお試しキットを美容のプロが解説

アクネケア たっぷりお試しキット

大手の化粧品メーカー「ファンケル」が開発した、ニキビケア専用のコスメ「アクネケア」。
ニキビ跡にも効果を期待できるシリーズ化粧品です。

その特徴は、

「敏感肌」や「アトピー肌」でも使用できる
主力商品は「化粧液」と「ジェル乳液」
皮膚科医が監修した成分
お試しキットが1,000円で購入できる

などなど。

口コミで評判が良いので、気になる方も多いのでは?

ただし、ネットの「おすすめ情報」やコスメの「ランキング」は、あてにならないことも少なくありません。

実際の効果はどうなのか…

今回も認定エステティシャンのミカが、成分表から分析していきます!

山下美香担当ライター
山下美香

認定エステティシャン
スキンケアアドバイザー
スキンケアカウンセラー

エステティシャンとして美容の現場に携わりつつ、2010年頃からWEBライター、女性雑誌の美容コラムニストとしても活動。マイハピ編集部では美容(主にスキンケア)担当。1児の母。

アクネケア「たっぷりお試しキット」のセット内容

アクネケアたっぷりお試しキット

化粧液 30mL
ジェル乳液 18g
洗顔クリーム 10包
アクネケアエッセンス 5包
マイルドクレンジングオイル 20mL
価格 1,000円(通常価格は3,240円)

アクネケア「化粧液」の成分

アクネケア化粧液の成分まずはアクネケアの主力商品である「化粧液」の成分から見ていきます。

主な有効成分

グリチルリチン酸2K … ニキビの炎症を抑える

マメ科の植物(甘草)から抽出された自然由来の成分。漢方薬としても古くから処方されています。

化粧品の分野では「ニキビケアに効果的な成分」として有名。
炎症を抑える作用に優れています。

ただ、有効成分としては珍しくないので、特に注目する必要はないかも。

「本当に効くからこそ様々な化粧品に使われている」とも言えますが、おすすめ度はノーマルなレベルです。

プルーン酵素分解物 … 保湿効果とニキビ跡の解消

プルーンの果肉を酵素で分解し抽出した成分。
公式サイトでは「角栓を溶かして毛穴づまりを解消」と説明されていますが、本当に効果を期待できるのは「美白作用」。

メラニン色素の沈着を予防し、ニキビ跡を目立たなくします。

保湿効果にも優れているため、近年プルーンを採用する化粧品が急増中。
私がおすすめしたい成分の一つです。

シャクヤクエキス … 保湿効果とニキビの炎症を抑える

ボタン科の植物「シャクヤク」の根から抽出した成分。ニキビの炎症を抑える「消炎効果」を期待できます。

さらに皮脂の分泌を抑え、保湿効果も発揮。
「肌質を選ばず使用できる成分」として人気を集めています。

トウニンエキス … 保湿&肌荒れ予防

桃の種から抽出された成分。
保湿作用とアンチエイジング効果を見込めます。

シソエキス … 保湿&肌荒れ予防

シソ由来のエキス。
抗アレルギー作用と保湿効果に優れています。

ゼニアオイエキス … 保湿&肌荒れ防止

おもにヨーロッパでハーブとして利用されているゼニアオイのエキス。

抜群の保湿作用と消炎効果を期待できます。
日本での知名度は低いですが、個人的にはおすすめの成分です。

その他の成分

ベース成分

・精製水
・メントール
・クエン酸
・クエン酸Na

保湿成分

・BG
・濃グリセリン
・ペンチレングリコール
・モクツウ抽出液
・ジグリセリン
・DPG
・グリセリンエチルヘキシルエーテル

エモリエント

・フィトステロール
・大豆リン脂質

保湿&肌荒れを予防する成分

・天然ビタミンE
・ベタイン
・ラフィノース水和物
・グリコシルトレハロース・水添デンプン分解物混合溶液
・メタクリロイルオキシエチルホスホリルコリン
・メタクリル酸ブチル共重合体液

アクネケア「ジェル乳液」の成分

アクネケア・ジェル乳液の成分次に、肌のバリア機能をサポートする「ジェル乳液」の成分を見ていきます。

主な有効成分

グリチルリチン酸2K … ニキビの炎症を抑える

化粧液にも含まれている有効成分。
アクネケアシリーズでは主要な抗炎症&保湿剤として配合されています。
化粧液の項目で先述しています。

グリコシルトレハロース(水添デンプン分解物混合溶液) … 保湿&肌荒れ予防

トウモロコシ由来の成分。
抜群の保水力を発揮します。
数々の「オールインワン化粧品」に採用されている人気の成分です。

プルーン酵素分解物 … 保湿

アクネケアシリーズに共通して含まれている有効成分。
美白効果が有名。
化粧液の説明で先述しています。

ヒアルロン酸Na-2 … 保湿

鶏のトサカから抽出・加工された成分。
低分子化された特殊なヒアルロン酸で、非常に高い吸収率を有しています。

コラーゲンとともに、コスメの分野では代表的な保湿成分として、様々なクリーム、ゲル、ローションなどに利用されています。

ローズマリーエキス … 保湿&肌荒れ予防

古くから薬用に利用されているローズマリーから抽出されたエキス。
抗酸化作用、血行促進、消炎の効果で知られています。

「アンチエイジング」を見込める自然由来の物質として、育毛剤や洗顔料、サプリメントなどにも配合されています。

化粧液と共通する成分

・シャクヤクエキス
・トウニンエキス
・シソエキス
・ゼニアオイエキス

全て自然由来の成分。
ニキビの予防・改善、そして保湿効果を見込めます。

数種類のエキスが配合されているので、バランスの良い働きを期待できるでしょう。
これらの成分は化粧液にも含まれています。

その他の成分

ベース成分

・精製水
・架橋型ジメチコン
・架橋型ポリエーテル変性シリコーン混合物
・塩化Na
・クエン酸
・クエン酸Na

保湿成分

・BG
・ペンチレングリコール
・濃グリセリン
・DPG
・グリセリンエチルヘキシルエーテル
・POEメチルグルコシド
・モクツウ抽出液

エモリエント

・ジメチコン
・植物性スクワラン
・フィトステロール
・大豆リン脂質
・PEG-9 ポリジメチルシロキシエチルジメチコン
・d-δ-トコフェロール
・イソノナン酸イソトリデシル

保湿&肌荒れを予防する成分

・天然ビタミンE

アクネケアの成分を総評!

アクネケアの成分を総評
成分の種類を見ても分かるように、アクネケアには自然由来の成分が豊富に配合されています。

ただし、「自然由来だから安全」「天然の成分だから肌に良い」
というわけではありません。

自然由来の成分でも、

効果がはっきりしないもの
俗説や迷信で効果が過大評価されているもの
刺激性の強いもの

などなど、効果や安全性に疑問の残る成分は少なくありません。

その点、アクネケアの成分は評価できるものが多いです。

主に2000年代~2010年代になってから開発・普及した成分が多く配合され、「最新の研究成果に基づいた商品設計」がアクネケアの大きな特徴。

その効果は化学的に信頼性の高いものです。

アクネケアは無添加だから肌に優しい!ただし高価?

アクネケアは無添加
アクネケアシリーズは、「無添加」を徹底しているため、低刺激で肌に優しい配合も魅力的。

※ただし「無添加」という表示に法律上の規制はありません。
企業は独自のルールに基づき、自社の製品に対して自由に「無添加」という表記を用いることができます。

アクネケアの場合は、

防腐剤
香料
合成色素
石油系の界面活性剤
紫外線吸収剤

以上の成分の使用をゼロにすることで「無添加」と表記しています。

こうした成分を使用しないことのメリットは、低刺激でより安全なコスメを開発できること。

しかしデメリットとして、価格が割高になる傾向があります。

アクネケアシリーズが市販の化粧品と比較してやや高価な理由は、

最新の美容成分が配合されている
無添加にこだわった自然由来の原材料

以上2つの理由によるところが大きいようです。

私がファンケルのアクネケアをおすすめする理由

ファンケル・アクネケアおすすめの理由
ニキビケア専用のコスメは、安いものなら数百円で買えます。

一方、ファンケルのアクネケ「たっぷりお試しキット」は、通常価格が3,240円。

やや高価な価格設定です。

それでも私は、ニキビケアにファンケルのアクネケアをおすすめしたいと思います。

その理由は、

有効成分が5,000円クラスのコスメと同水準(コスパが良い)

ニキビ予防だけでなく「ニキビ跡」にも効果を期待できる(美白成分配合)

初回限定1,000円で効果を確認できる

以上の3点。

とりあえず初回限定コースだけ試して、効果がなかったら&ニキビが治ったら購入をやめる。
そんな方法もアリだと思います。

ネットで同じグレードのコスメを購入するためには、少なくとも5,000円程度は必要。

その点、1,000円でニキビ&ニキビ跡をケアできるアクネケアは、コストパフォーマンスに優れた優秀なコスメといえます。

口コミで気になる点をチェック

容器の開け方が分からない(開けにくい)

アクネケアは防腐剤を含んでいないので、鮮度を維持するために特殊な密閉容器に入っています。

開け方がやや特殊なので、開封時に困ってしまう方が多い模様。

化粧液の正しい開け方は、

反時計回りにキャップを回転させ、容器から取り外す

化粧液の開け方1

キャップについているオレンジ色のリングを外す

化粧液の開け方2

キャップを時計回りに回転させ、再び容器に取り付ける(カチッと音がしたら開封完了)
このときキャップとボトルで凸部分の位置が上下揃うようにしてください

化粧液の開け方3
ジェル乳液の正しい開け方は、

外キャップを外します

内キャップを反時計回りにひねってください

開封完了。内キャップは捨ててOKです

化粧液や乳液が出にくい

これも密閉型容器の特徴なのですが、化粧液と乳液は「出にくい」という口コミが多いです。

特に化粧液は、開封方法を間違えると中身が極端に出にくくなってしまうようです。

開封後は、キャップとボトルの凸部分が上下で揃っているかチェック。

次に、化粧液とジェル乳液の「キャップが入れ替わっていないか」確認してください。

必ず正しい開封方法で使用するように注意しましょう。

お試しキットの量が少ない・足りない

ファンケルの化粧品は1ヵ月で「使い切る」分量にこだわっています。
これもコスメの鮮度を保つための仕様。

開封してから必ず「指定の期間内に使い切る」よう心がけましょう。

ちなみに、化粧液の適量は100円玉1枚分、ジェル乳液の適量はパール粒1個分です。

「量が少ない」という口コミも多いようですが、有効成分の濃度を考えると、この分量で十分。

一度にこれ以上の分量を使用すると、1か月持ちません。必ず適量を使用しましょう。

ニキビケアのコスメは大量使用ではなく「毎日の継続」が大切です。

使い方の順番が分からない

たっぷりお試しキットを使用する場合は、使用する順番に気をつけてください。
正しい使い方は、

洗顔クリーム → 化粧液 → エッセンス → ジェル乳液

の順番です。

メイク時は洗顔クリームの前に「マイルドクレンジングオイル」も使ってみてください。

敏感肌向けのクレンジングですが、濃いメイクもばっちり落とせると評判です。

たっぷりお試しキットのプレゼント(特典)レビュー

洗顔クリーム

アクネケア 洗顔クリーム
定価は1,512円。
お試しキットには10包(10回分)がセットで付いてきます。

メインの有効成分はグリチルリチン酸2K。
化粧液とジェル乳液にも配合されている、抗炎症の効果に優れた成分です。

この他にも、グリセリン、BG、トレハロースなど、保湿成分を豊富に含有。
ニキビケアに特化した配合となっています。

もっちりした泡立ちと、しっとりした洗い上がりも特徴。

乾燥のきつい冬場でも、肌のツッパリ感、使用後のヒリヒリした感じがなく、敏感肌・乾燥肌の方におすすめです。

エッセンス

アクネケア エッセンス
定価は1,944円。
お試しキットには5包(5回分)がセットで同梱されています。

主な有効成分は、シリーズでおなじみのグリチルリチン酸2K、そしてビオサルファー・フリッド。

ビオサルファー・フリッドは硫黄由来の成分で、ソフトなピーリング効果を持っています。
その効果は、古い角質を溶かして、新しい皮膚の再生を促すようなイメージ。

ピーリング効果といっても、その作用はごくごく弱いもの。
肌荒れを誘発するような心配はありません。
硫黄の一種ですから、温泉に浸かるような感じですね。

「寝る前に使うと、朝お肌がもっちり」「メイクのノリが違う」
そんな口コミも多いようです。

マイルドクレンジングオイル

マイルドクレンジングオイル
定価は540円。
お試しキットでは20mlがセットになっています。

主な有効成分はオクタイソノナン酸ポリグリセリル-20とヘキサカプリル酸ポリグリセリル-20。
ともに低刺激な界面活性剤として多くのコスメに採用されています。

メイクをしっかり落とす「洗浄力」、そしてデリケートな肌に配慮した「低刺激」、その両立がマイルドクレンジングオイルの特徴。

ファンケルの販売するコスメの中でも特に評判が良く、ベストセラーを記録しています。

※ただし、刺激性が全くないわけではありません。クレンジングオイル単品での使用は控え、必ず化粧液や乳液でケアしましょう。

ファンケル・アクネケアのデメリット

ファンケル・アクネケアのデメリット
ここまでアクネケアのメリットを見てきましたが、欠点が全くないわけではありません。

ちょっと辛口になりますが、しっかりデメリットも確認しておきましょう。

シリーズで種類が多すぎる

ファンケルは様々な商品を開発・販売しています。
中でもアクネケアのシリーズは人気が高く、化粧液、乳液、クリーム、パウダー、サプリメントなど、ラインナップが豊富。

反面、
「どれを選べばいいのか分からない」、
「シリーズで購入するとコストがかさむ」など、否定的な口コミも多いです。

私がおすすめしたいのは、
「とりあえずお試しキットから始めて、その後は必要最低限のコスメだけ購入する」
という方法。

お肌の状態に合わせて、不要なコスメは省きましょう。

例えば、洗顔料はより安いもので代用するとか、保湿はニベアクリーム(500円くらい)を併用するとか…

アクネケアは他の化粧品とも相性が良いので、全て同一シリーズで代用しなくても大丈夫です。

男性は物足りなさを感じるかも

アクネケアシリーズは、洗浄力よりも保湿力に特化したコスメ。
シリーズで共通しているのは「しっとり」した優しい使用感です。

一方で、爽快感とか脂がごっそり取れる分かりやすさとか、男性向け化粧品のような即効性には乏しいです。

また、ニキビの原因菌を除去する殺菌成分も配合されていません。

「すぐに効きました!」なんて口コミを過信してしまうと、男性ユーザーは物足りなさを感じてしまうかも。

アクネケアの効果は、あくまで「肌本来の力をサポートする」ものです。

「脂や角栓をガッツリ落としたい」
「ニキビ菌を殺菌して、原因から直にケアしたい」

そんな場合は男性向けコスメを使用するか、医療機関の受診をおすすめします。

アクネケアは敏感肌やアトピー肌、乾燥肌向けの化粧品。
どちらかというと女性向けのコスメです。

シリーズで全体的に量が少ない

アクネケアシリーズは「無添加」タイプの化粧品。そのため防腐剤が使用されていません。

鮮度を維持するために密閉型の容器を採用し、期間内に「使い切る」ことができるよう、きっちり「1つ1か月分」しか梱包されていません。

※使い切りタイプの場合は1回1包

1回あたりの使用量も少なめで、100円玉1つ分だったり、バール1粒大だったりします。
使用量を増やすと1か月持たないので、

「量が少ないな~」
「お試しキットが2週間でなくなった!」

そんな口コミも多いようです。

特に、効果を実感し始めたユーザーの場合は、ケアの頻度を1日1回から2回に増やす方が多いようで、「量の不足」を嘆く口コミが多数。

ある意味では「嬉しい悲鳴」と言えますが、「使い過ぎ」や追加購入のタイミングには注意したいところです。

「無添加」の基準がはっきりしない

アクネケアシリーズの製造元であるファンケルは、しきりに「無添加」をアピールしています。
ただし、無添加の表記に法的な根拠や明確なルールは存在しません。

極端な話、「無添加は宣伝文句に過ぎない」と切り捨てることもできます。
「無添加だから安全」、「無添加だから肌に優しい」という話ではないのですね。

事実、アクネケアシリーズにも一部の製品で石油合成の合成界面活性剤が 使用されています。

とはいえ、だから危ないとか、刺激が強いとか、そう単純な話でもありません。

もし化学系の添加物が含まれていても、濃度や組み合わせ次第では、自然由来の成分より安全(低刺激)だったりします。

その点、アクネケア(ファンケル)は何を基準に無添加、低刺激を強調しているのか、いまいち基準がはっきりしません。

例えば、化粧液とジェル乳液は、

防腐剤不使用
香料不使用
合成色素不使用
石油系の界面活性剤不使用
紫外線吸収剤不使用

となっているので、一般的な「無添加」のラインはクリアしています。

しかし、アクネケアシリーズの商品すべてに当てはまる基準ではないらしく、一部のコスメには「例外」もあるようです。

※例えばエッセンスに使用されているエタノールや、 ビオサルファー・フリッドを「添加物」「刺激物」と見なす専門家もいます。

このあたり、成分について「絶対安全」と断言できる基準は存在しません。
自然由来の成分にだって毒性はあります。

私個人の意見としては、
「アクネケアは添加物について厳しめの基準を設けている」と判断しています。
少なくとも肌トラブルが悪化するような刺激性、危険性はないでしょう。

ただ、他の化粧品と同じく「自分には合わない」という方も中にはいるはず。
安全性を過大に評価することは控えるべきでしょう。

それでもアクネケアはおすすめ!【お試しキットの総合評価】

アクネケアたっぷりお試しキットの総合評価
ハッキリ言って、アクネケアシリーズの成分は8,000円~1万円クラスの化粧品には及びません。

しかしそれでも、わたしはアクネケアを評価します。

その理由は、

似た成分の化粧品が海外の有名ブランドから市販されている

1,000円のお試しキットで実質5,000円分のコスメを購入できる
(特に化粧液とジェル乳液はコスパが良い)

自分の肌に合わなければお試しキットだけ購入してやめればいい
(最低限の元は取れる)

低刺激かつ「ニキビ跡」までケアできる万能性

有効成分の効果が化学的に実証されている
(皮膚科医監修の信頼性と有効性)

主に以上の5つ。

口コミの評判には当てにならない部分もありますが、(絶賛され過ぎている気もします)少なくともトラブルの報告はないようです。

コスメは口コミ以上に成分が重要。

医薬品ほど厳密に効果を判定することは難しいのですが、それでも8割~9割は成分から効果を分析できます。

成分表から算出した私の総合評価は【85点】

厳しめに採点しても、アクネケアは「優秀なニキビ専用コスメ」といえます。
特にたっぷりお試しキットのコストパフォーマンスは圧倒的。

注文方法や返品保証については、こちらのページアクネケアたっぷりおためしキットからご覧ください。


アクネケアたっぷりおためしキット

関連記事

  1. セシュレル(CESHRELL)の効果と口コミ

    セシュレル(CESHRELL)の口コミ・効果・成分を美容のプロが解説

  2. アイキララの口コミ・効果・成分

    アイキララの口コミ・効果・成分を美容のプロが解説

  3. ラ・ミューテの口コミ・効果・成分

    ラ・ミューテの口コミ・効果・成分を美容のプロが解説

  4. ストレピアの口コミ・効果・成分

    ストレピアの口コミ・効果・成分を美容のプロが解説

  5. フレキュレル(Frequrell)の効果と口コミ

    フレキュレル(Frequrell)の効果と口コミを美容のプロが解説

  6. メルライン(MELLINE)の効果と口コミ

    メルライン(MELLINE)の効果と口コミを美容のプロが解説

  7. ノイスの口コミ・効果・成分

    ノイス(女性ヒゲ処理クリーム)の口コミ・効果・成分を美容のプロが解説

人気記事ランキング

  1. 面食いの心理を分析
  2. 食べ過ぎ、プチ断食、置き換えダイエット
  3. 結婚のマナー
  4. 愛を育む
  5. 女性に多い病気
  6. 正しい生活習慣
  7. 女性の身体とホルモンの関係
  8. 乳首の黒ずみ解消
  9. 片頭痛
  10. 頭が良く見える話し方

ピックアップ記事

  1. ナチュラルメイクの基本テクニック ナチュラルメイクの基本テクニック!自然に見せるポイントは
  2. 食べ過ぎ、プチ断食、置き換えダイエット 食べすぎは「挽回」できる!脂肪になる前の「プチ断食」で解決
  3. 結婚後にすべきこと一覧 結婚後にすべきこと一覧。内祝いやハネムーン、引っ越しや婚姻届など
  4. 楽しく生きる 努力せず楽しく生きる方法とは?不安や悩みから逃避して楽しい人生を
  5. 心に関係する病気1 心に関係する病気① 自律神経失調症・摂食障害・過敏性腸症候群
  6. 独身女性の老後のお金 独身女性の老後③貯蓄はいくらあればいい?一人暮らしとお金の話
  7. 美白クリーム 美容のプロが選ぶ乳首美白クリーム人気ランキング
  8. 結婚式当日の準備とマナー 結婚式当日の準備とマナー。「二次会」の計画について

特集記事

  1. 育児は親子のコミュニケーション
  2. 妊娠・出産
  3. セシュレル(CESHRELL)の効果と口コミ
  4. くすみの効果的なケアの方法
  5. 男性から嫌われる5つの行動パターン

最近の記事

  1. 結婚できない女の特徴 結婚できない女性の特徴10コ!30代~40代女性の共通点
  2. まつ毛ダニの治療法 まつ毛ダニの治療法が怖すぎ!病院で聞いた簡単なチェック&駆除方法
  3. 独身女性の老後のお金 独身女性の老後③貯蓄はいくらあればいい?一人暮らしとお金の話
  4. 彼氏を見た目で選ぶと損 彼氏を見た目で選ぶと損!イケメンは危険?不細工な彼氏のメリット
  5. 専業主婦のメリット・デメリット 「専業主婦になりたい」は甘え?専業主婦のメリットとデメリット
  6. 若返りたい 若返りたい女性は今すぐやめて!間違いだらけのアンチエイジング
  7. アラサ―・アラフォーの女子会 アラサー&アラフォーの女子会は心理戦!避けるべき話題ランキング
  8. すそわきがの原因と対策 男から女にうつる?女性に多い「すそわきが」とは。原因と対策まとめ
  9. ネット恋愛で会うと幻滅する理由ランキング ネット恋愛の闇がすごい…実際に会うと幻滅する理由ランキング
  10. 楽しく生きる 努力せず楽しく生きる方法とは?不安や悩みから逃避して楽しい人生を

おすすめ記事

  1. アラサ―・アラフォーの女子会 アラサー&アラフォーの女子会は心理戦!避けるべき話題ランキング
  2. 新入社員の知的に見せる会話術 知的に見せる会話術② 新入社員がプレゼンや会議で使えるテクニック
  3. 結婚披露宴 披露宴の余興や司会は誰に依頼すべき?演出とプログラムの選び方
  4. メルライン(MELLINE)の効果と口コミ メルライン(MELLINE)の効果と口コミを美容のプロが解説
  5. ダイエットに欠かせない水分の基礎知識 ダイエットに欠かせない「水分」の基礎知識!むくみの予防法は?
  6. 専業主婦のメリット・デメリット 「専業主婦になりたい」は甘え?専業主婦のメリットとデメリット
  7. 女性の身体とホルモンの関係 年齢に応じて変化する女性の身体と「ホルモン」の関係とは?
  8. 結婚式の準備・計画 結婚式の準備・計画をスムーズに進めるために。立案時の注意点
  9. 月経(生理)に関する情報 生理に関する基礎知識!月経による痛みや心の変化…病気との関係も?
  10. ホルモン充填療法・ピル ホルモン充填療法(HRT)って危険?安全?正しいピルの基礎知識
PAGE TOP