• HOME
  • 恋 愛
  • 彼氏を見た目で選ぶと損!イケメンは危険?不細工な彼氏のメリット

彼氏を見た目で選ぶと損!イケメンは危険?不細工な彼氏のメリット

彼氏を見た目で選ぶと損
恋 愛

やっぱり彼氏は見た目で選ぶ!
イケメンじゃなきゃ嫌!

そんな女性は少なくありません。(特に若い女性!)
でも「彼氏を外見で選ぶと損をする」理由をご存知ですか?

イケメンは危険… 何となくそんな気がして、あえて不細工めの男性を選ぶ女性もいます。一体どちらが正しいのでしょうか?

彼氏を見た目で選ぶと損する理由

① 性格や中身のチェックが甘くなる

性格や中身のチェックが甘くなる
男性の外見を重視する女性は、どうしても性格・内面のチェックが疎かになりがち。カップルが別れた理由に「性格の不一致」「価値観の違い」などがよく挙げられますよね。

実は「お互いの見た目に惹かれた」男女ほど、このような違和感を原因に、すぐ破局する例が多いようです。

性格や価値観の不一致は、言葉を変えれば「内面の査定が甘かった」ということ。美しい見た目は「欠点を覆い隠してしまう」傾向があるので要注意です。

【心理カウンセラーからの補足情報】ハロー効果

イケメンは「良い人」に見える。欠点さえ「お茶目」に映り、何でも許せる気がする。このように対象を美化する心の働きを、心理学の分野では「ハロー効果」と言います。

いわば外見上の魅力が、性格や欠点さえ愛らしく「脚色」し、見る人の評価を歪めてしまうのです。

別名「後光効果」とも呼ばれる一種の「偏見」であり、この作用こそ「人は見た目が9割」と言われる理由です。

異性に対しては特にその傾向が強く、女性はイケメンに騙されやすい、イケメンに甘い、というようなことが心理学的な見地からもよく言われます。

私たちはそうした心の働きを自覚したうえで「イケメンはあえて厳しく査定する」姿勢を貫きたいものです。

② イケメンほど劣化が早い

イケメンほど劣化が早い
女性ほど劇的ではないかもしれませんが、男性の見た目も加齢によって確実に衰えていきます。イケメンの多くは20代で外見上のピークを迎え、あとは「オジサン化」する一方。

体重は増え、髪は薄くなり、体臭だってキツくなっていくでしょう(;^_^A
美人がそうであるように、イケメンほど劣化も早いです。

今はハンサムで自慢の彼も、10年後~20年後にはどうなっていることか…
容姿は確かに大切な資質ですが、将来性がない「期間限定の魅力」だということは忘れないでくださいね。

③「自分磨き」を強制される

自分磨きを強制される
イケメンには良くも悪くも美意識の高い男性が多いです。自分の外見に自信があるからこそ、ときには容赦のないアドバイザーになることも。

「もうちょっと痩せた方がいいんじゃない?」
「その服は似合ってないなあ」
「髪型変えた方がいいよ」

そんな言葉でズバズバ女性のコンプレックスを指摘するのは、オシャレにうるさい自称「違いの分かる男」たちです。

イケメンと付き合う女性は「彼氏と釣り合う自分」になるために、見た目に関して不断の努力を要求されます。

彼から外見上の欠点を指摘されなくても、無言のプレッシャーを感じる女性は多いはず。

自分は彼にふさわしいのか、彼に見合うだけの美人なのか…
彼氏がイケメンだからこそ悩み、不安は尽きません。

【心理カウンセラーからの補足情報】相補正の法則

男性を外見で選ぶ女性は、自分自身の容姿にコンプレックスを持っているケースが多いです。

心理学で「相補正の法則」と呼ばれる状態で、いわば「ないものねだり」の心理。ときには彼氏に依存してしまうことも。

「彼氏のためにダイエットしなきゃ!」「オシャレしないと嫌われちゃう!」
そんな心理状態に陥りやすい女性は要注意です。

④ イケメンは浮気のリスクが高い!

イケメンは浮気のリスクが高い
見た目が良い男性のもとには、自然と多くの女性が集まります。どんなに誠実な男性だって、誘惑の頻度が10倍なら浮気する確率も10倍。

単純計算ではありますが、「イケメンほど浮気のリスクが高い」ことは間違いないでしょう。

実際に彼が浮気しなくても、「もしかして別の女性から誘われているかも」「横取りされるのでは」というストレスはかなりのもの。

イケメンの彼女は、どうしても疑心暗鬼の状態に陥りやすいのです。

⑤ なかなか彼氏ができない

なかなか彼氏ができない
恋人の外見に一定のハードル(基準)を設けると、恋愛(異性)の選択肢はその分だけ狭くなります。

「芸能人みたいにイケメンの彼氏じゃなきゃ嫌!」なんていう風に高望みする女性は、恋愛の成就がもう絶望的に不可能。

異性のうち100人に1人くらいしか恋愛対象として見れないわけですから、「いつまで経っても彼氏ができない」「婚期を逃してしまう」そんな女性が少なくありません。

不細工な彼氏のメリット

彼氏を見た目で選ぶと色々と大変そうですが…
不細工な彼氏にはどのようなメリットがあるのでしょうか?

見た目で妥協すると、案外上手くいくケースが多いと言います。その理由を考えてみましょう。

① 内面をきっちりチェックできる

内面をきっちりチェックできる
異性の容姿について妥協すれば、内面的な魅力をとことん追求できます。

性格が良くて、面白くて、趣味が合って、一緒にいると楽しくて…
そんな理想のパートナーを探してみてはいかがでしょう。

結婚相手ともなれば数十年という時を共にするわけですから、「かっこよくないけど優しい」「外見はタイプじゃないけど頼りになる」やっぱりそんな男性の方が魅力的ではないでしょうか。

② 自分色に染めるのが楽しい!

自分色に染めるのが楽しい
不細工な男性の大半は、オシャレに無頓着。悪く言えば「ダサい」人が多いです。

でも裏を返せば、それは「のびしろ」が大きいということ。改善すべきポイントをどんどん指摘して、彼をあなた色に染めてしまいましょう。

髪型や服装などきっちりコーデしてあげれば、「ブサメン」の彼が「フツメン」くらいには化けるかも?

もしかすると劇的なビフォーアフターを期待できる「超優良物件」かもしれません。

すでに気になるブサメン男子がいるなら、彼にどのくらいの「変身」を期待できるのか、あれこれ妄想すると楽しいですよ♪

③ 不細工な男性ほど女性に優しい

不細工な男性ほど女性に優しい
不細工な男性は、やはり自分の見た目にコンプレックスを持っている人が多いです。恋愛経験に乏しい男性も多く、念願の彼女を「大切に扱う」傾向が強いのも特徴的。

自分が外見で苦労してきたからこそ、彼女の容姿について無神経な指摘をすることもないです。

見た目の苦労に理解があるので、むしろ積極的に褒め、あなたの良い面を丁寧にピックアップしてくれるはず。

「見た目以外の部分で勝負するしかない!」
そのように自覚しているブサメンは、とことん紳士的で、女性とのコミュニケーションも疎かにしません。

④ 浮気のリスクが低い

浮気のリスクが低い
不細工な彼氏には「女性の方から言い寄ってくる」ということがまずありません。だから無暗に嫉妬しなくて済みますし、明らかに浮気のリスクも低いです。

彼氏が不細工&植物系男子なら言うことなし。

もちろん浮気の危険性がゼロではありませんが、「不細工な男性は大半の女性から相手にされない」という現実が、彼女にとっては大きなメリットになります。

⑤ 異性を選び放題

異性を選び放題異性に求める容姿の基準(ハードル)を少し下げるだけで、恋愛が成就するチャンスは飛躍的に広がります。

見た目が好みじゃなくても、あなたの周囲にいる大量のブサメン&フツメン男子をふるいにかけていけば、1人くらいはフィーリングの合う男性が見つかるはず。

「彼氏いない歴ウン年」の方、ぜひ食指を動かしてみてください。驚くほど簡単に「モテ期」が到来するはずです。

不細工な男性がどうしても好きになれない場合は

不細工な男性を好きになれない
男性は中身も大切だと思うけど、やっぱり不細工な男性を好きにはなれない…
そんな女性も多いと思います。

でもご安心ください。心理学的な見地から言うと、「不細工な異性を好きになる」ことは、けして難しくありません。

私がこのように言い切れる理由の一つに、人間特有の「心理作用」が挙げられます。

例えばマーケティングの分野でよく言われる「ザイオンス効果」という心の動きは、そのまま恋愛(異性)にもあてはまります。

ザイオンス効果とは、初めのうちは興味がなかったもの、苦手だったものでも、何度も見たり聞いたりしているうちに「次第に好きになる」効果のこと。

別名「単純接触効果」とか「熟知性の原則」とも呼ばれます。

最初は意味不明だったはずのCM(ソフトバンクの白戸家シリーズとか)が、いつの間にか国民的な人気を獲得しているのも、この作用によるところが大きいと考えられます。

異性に対しても同様で、コミュニケーションの頻度が多いければ多いほど、その相手に対して好印象を抱きやすくなるわけですね。

たとえその男性の見た目がタイプじゃなくても、「親しくしているうちに好きになる」ということは、私たちが思っている以上に実は全然あり得る話なのです。

【心理カウンセラーからの補足情報】「単純接触効果」と「熟知性の原則」

ザイオンス効果を人間関係に応用した「単純接触効果」と「熟知性の原則」。それぞれ以下のような心理作用を指します。

単純接触効果 … 接触(コミュニケーション)の頻度に応じて、徐々に好意が高まっていく
熟知性の原則 … 性格や内面を知れば知るほど、徐々に好感度が上がっていく

容姿に関して言うと、イケメンや美女は第一印象こそ好感を持たれやすいのですが、その後は減点方式で徐々に欠点や短所が目につきやすくなります。

不細工な異性はその逆。第一印象が悪いからこそ、その後は加点方式で(特に内面の)長所が際立つように感じられます。

世に意外と多い「美女と野獣」のカップルも、こうした心理作用で説明がつきますね。

不細工な異性を好きになる方法

不細工な異性を好きになる方法

面食いだから恋愛で失敗ばかりしている…
彼氏がなかなかできない…
見た目の守備範囲を広げて、色々なタイプの男性と付き合ってみたい!

そんな方は以下に挙げるポイントを心がけてみましょう。

「ハロー効果」と「相補正の法則」に注意して、イケメンは厳しく査定する

「単純接触効果」と「熟知性の原則」に基づき、ブサメンとはじっくり付き合う

イケメンと付き合うデメリット、ブサメンと付き合うメリットを考えてみる

一言でいえば「見た目に左右されない恋愛観を磨く」ということですね。

最後に

最後に
今回はイケメンに対して厳しい意見を述べましたが、見方を変えればこれも一種の偏見に他なりません。

もちろん、イケメンの中にも「本当にイイ男」はいますし、ブサメンはみんな性格が良いとか、内面が魅力的だとか、そんな風に美化するのも誤りだと思います。(皆さん経験的にご存知の通りです)

ただ、私たちが異性の容姿から心理的なバイアスを受けやすいのは事実。

「見た目がタイプじゃない」という一種の「食わず嫌い」が、ときとして恋愛の成就を妨げてしまいます。

気になる異性がいるけど、外見がちょっと好きになれない…

そんな場合もすぐに自身の恋愛感情を否定するのではなく、時間をかけて徐々に相手の内面をリサーチしてみてはいかがでしょう。

その結果、「やっぱり生理的に無理!」と分かればそれはそれで一つの人生経験ですし、「あれ?意外と好きになれそうかも…」となれば新たな恋愛への第一歩。

理想の異性に出会うためにも、外見至上主義に別れを告げ、新たな視野と恋愛観を手に入れましょう!

この記事にかんするご質問、ご感想はこちら

● 文/マイハピ編集部

関連記事一覧