結婚式の前に…エステやヘアメイクを。必要な準備と前夜の過ごし方

ブライダルエステとは

結婚式は多くの女性にとって一生に一度、人生で最も美しく輝く晴れ舞台。ベストなコンディションで臨みたいものですね。
最近では式の前からエステに通い、美容の「徹底ケア」に取り組む女性も増えています。

本番のヘアメイクは?
ネイルアートはアリ?ナシ?

気になる疑問点をまとめました。
式の1週間前~直前の正しい「過ごし方」、前夜までに用意したい物など、準備の方法もあわせて確認しておきましょう。

1.ブライダルエステとヘアメイク

1-1.エステで磨くポイントは?ブライダル用コースの特徴

最近では、結婚式の前にエステで美容の「集中ケア」を済ませる女性が増えています。
花嫁向けに「ブライダルエステ」のプランを提供しているサロンは多いので、ぜひコースの内容などリサーチしてみましょう。
具体的には、フェイシャルケア、各種シェービング、痩身サービス(ダイエット)、脱毛や歯のホワイトニング、ヘアケアやエクステなどが挙げられます。

ブライダルエステを始める時期の目安は式の3ヶ月前。プランによっては効果が出るまでに半年間くらいの期間を必要とする場合もあるので、できるだけ時間に余裕を持ってスタートしてください。
ウェディングドレスのデザイン次第では、デコルテや背中、肩など「露出」しなくてはなりません。より魅力的にドレスを「着こなす」ために。ぜひ集中的なケアに取り組んでみましょう。

美容は毎日の「積み重ね」が大切。サロンで「プロに任せる」だけではなくて、自宅でできること、自分ですべきことにも力を注いでください。例えば、栄養バランスに配慮した食生活、十分な睡眠時間の確保、毎日の保湿や紫外線対策(スキンケア)などですね。

1-2.ブライダルエステの基本プラン(各コースの種類について)

エステコース

エステコースエステサロンによっては、ブライダルエステをプラン(各種セットのコース)として提供しているところもあります。
フェイシャル(顔)のお手入れを中心に、デコルテ、背中、二の腕など集中ケアするサービスが一般的。結婚式や披露宴で特に「目立つ」部位をケアするわけですね。

コース料金なら、個別に利用する場合に比べて料金もお得。気になる部位があれば、オプションで「痩身」(ダイエット)や「脱毛」のサービスをプラスするのも良いでしょう。

シェービング、脱毛

シェービング・脱毛トレンドのウェディングドレスは露出する部分が多いので、産毛まできっちり処理する女性が増えています。顔や襟足、背中、脚など、プロに任せればより丁寧な処理が期待できます。

特に敏感肌で「カミソリ負け」など気になる方は、エステで低刺激なケアに取り組みましょう。時間をかけて永久脱毛(レーザーによる処置など)を行う方法もおすすめ。

ヘアケア、エクステ

トリートメント最低限、トリートメントくらいは済ませておきたいところ。髪の傷んだ状態では、アレンジできる髪型の種類も限られてしまいます。ボリュームを出したいならエクステもおすすめ。

ただし、直前になって髪型を変えると後悔する女性が多いようです。大胆なカット(イメージチェンジ)は避けたほうが良いでしょう。

思い切った染色、パーマなど「冒険」は控えてくださいね。目元を強調したいなら「まつげ」もあわせてエクステを検討してみましょう。

ネイルアート

ネイルアート記念写真などで「手元を美しく見せたい」なら、流行のネイルアートを取り入れてみましょう。
派手過ぎず、地味過ぎず、ウェディングドレスやブーケなどとの組み合わせ(カラーコーディネート)でイメージを考えてみましょう。
キレイな状態を長期間維持することは難しいので、式の数日前に行います。

1-3.花嫁向けヘアメイクのポイント。新郎のヘアセットは?

ブライダルヘアメイク結婚式・披露宴用の「ヘアメイク」は、本番の1ヶ月くらい前までにイメージを固めておきましょう。担当者(式場専属のスタイリスト)と打ち合わせがあるので、自分の要望を詳細に伝えてください。
雑誌やカタログなど参考にしつつ、気に入ったものがあれば切り抜いて持参します。言葉だけで伝えるより、写真や画像などあった方が明確にイメージを伝えられるでしょう。

可能であれば、「ウェディングドレス」やブーケなどの「小物」、式場の写真なども持参します。また、自分の髪質、さらに「クセ」などあればスタイリストに伝えてください。
式場専属のスタイリスト以外に依頼する場合は「持ち込み料」が発生する場合も。または式場外でヘアメイクしなくてはならないケースもあるので、事前の確認をお忘れなく。

ヘアメイクはオプションで「リハーサル」も可能。本番と同じヘアメイクで、仕上がりをきっちり確認できます。イメージに合わないところ、気に入らないところがあれば修正を依頼して、自分が納得できるまで完成度を高めていきましょう。

髪の長さ、量、質、カラーや髪型によっては事前に美容室へ行きます。傷みなどがひどい場合はヘア(エステ)サロンで丁寧にケアします。ボリュームを出したい場合はエクステを付けることも検討してみましょう。

通常、新郎のヘアスタイルは自分でセットしますが、プロに任せるのもおすすめ。記念写真を撮影するのなら「メンズエステ」や撮影用の軽い「男性用メイク」を勧めるのも良いでしょう。写り具合がぐっと良くなります。

2.本番1週間前~前日までにすべきこと

2-1.物の用意と最終チェック!挨拶と「親孝行」について

結婚式の最終チェック結婚式の1週間前~前日までに、準備の最終確認を行ってください。あらかじめ式場に搬入できるものは、全て2~3日前には届けておきます。

どうしても当日に持ち運ぶ必要があるものについては、できるだけ丁寧に梱包し、破損のリスクを最小限に抑えてください。引き出物、衣装、小物類など、特に紛失や数間違いが多いので、入念なチェックをおすすめします。

前日には招待客に挨拶をすることもお忘れなく。主賓には対面で挨拶するのがマナーです。
受付や司会、余興を依頼した人には電話で「よろしくお願いします」と伝えてください。

もちろん、新郎新婦それぞれのご両親にも挨拶を。家族でゆっくりと過ごす時間を確保して、少しあらたまった言葉で「感謝の気持ち」を伝えます。または、食事会、プレゼント、肩たたき… などなど、あなたなりの「親孝行」の方法を考えてみてくださいね。

2-2.式の前日~当日の注意点

結婚指輪結婚指輪、念のための常備薬、現金、カメラ、アクセサリーなどの小物… 式の当日に持ち運ぶものは少なくありません。本番の1週間前には全てのものを準備できるよう、リストを作成して用意を進めていきましょう。特に結婚指輪は高価&紛失しやすいので要注意です。

当日はリストを参照しつつ荷造りを行い、一つ一つの持ち物をチェックしてから出発します。交通アクセス、天候、駐車スペースなども要確認。万が一にも遅刻することがないよう、時間に余裕を持って式場に向かってください。雨天が予想される場合は衣装の防水対策などお忘れなく。

新郎新婦は緊張から「睡眠不足」に陥る方も多いようです。睡眠時間は翌日のお肌やメンタルのコンディションに大きく影響します。本番前日はできるだけ早く就寝し、十分な睡眠時間の確保に努めてください。

式の前日・翌日は忙しくなるのが普通です。できれば数日間、仕事は休みを取ってください。ハネムーン用の休暇取得も含めて、必要な申請はできるだけ早く職場に提出してくださいね。

お読みになれば分るように、結婚式・披露宴の直前になってもやるべきことは少なくありません。時間に余裕を持って準備を進め、最後の最後でミスのないよう注意してくださいね。

お化粧、ヘアメイク、エステのプランなど、基本的には「プロに任せる」べきことも多いです。まずは自分がすべきこと、サポートをお願いすること、その区別を明確にして、一つ一つの準備を計画的に進めていきましょう。

関連記事

ピックアップ記事

結婚式のおもてなし

2015.9.30

招待客の思い出に残る「おもてなし」を。結婚式の料理・装飾・席次

結婚式は新郎・新婦、二人だけのものではありません。両者の家族、親戚、知人、勤務先の関係者など、様々な人々が参加するイベントです。どうすれば招…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る