食べても「やせる」・「太らない」ダイエット!キレイと健康の両立を

しっかり食べてやせるダイエット

太りたくない、だから食べない。一般的なダイエットのイメージです。しかし、これは誤った考え方。健康的に、キレイにやせるためには、むしろ「しっかり食べる」べきなのです。実際に、食べたいものを我慢して、そのストレスからダイエットを諦めてしまう方も多いはず。

炭水化物は駄目、脂は控えて、甘いものも食べない…食事の選択肢を無理に狭めていませんか?
確かに、一時的には体重が落ちるかもしれません。しかし、すぐに元通り。「リバウンド」の恐怖があなたを待っています。

無理をせず、「食べてやせる」方法はないのか?高カロリーな食事を控えているのに、なぜ太ってしまうのか?今回はそんな疑問にお答えすることで、「キレイ」と「健康」を両立する、「食べてもOK」なダイエットの方法をご紹介します。

1.間違った食事制限が太りやすい体質を作るメカニズム

1-1.食事制限は逆効果?「食べないと太ってしまう」理由

食事の量は普通くらい、でもやせない…そのようにお悩みの方が多いようです。中には小食なのに太ってしまう方も。最大の問題点は「体質」にあります。

人間の体は、食べたものを消化・吸収する際に多くのエネルギー(カロリー)を消費します。しかし、栄養に偏りがあったり、誤った食事制限で代謝機能が衰えていると、エネルギーが正常に消費されません。つまり、無理な食事制限は、太りやすい(やせにくい)体をつくってしまうのです。

日常的に食事制限を行なっていると、胃腸の働きもどんどん低下していきます。結果として、食べたものを上手く燃焼することができずに、「小食でも太りやすい」体質が形成されてしまうのです。

目指すべきは、逆のサイクル。食べたものをしっかり消化・吸収・代謝するためにも、「しっかり食べる」べきなのです。

1-2.「食べる」ことでリバウンドのリスクも予防

食事制限を実践して一時的にダイエットすることは、難しくありません。しかし、その体重を「維持」するためには、かなりの努力を要します。そう、「リバウンド」の不安と無縁ではいられません…。予防策はないのでしょうか?

そもそもリバウンドは、生命活動を維持するための「防御反応」だといわれています。急に体重が減ると、脳は「生命の危機」を察知します。「栄養が不足しています。もっと食べてください」という信号を発信し、食欲が増進、内臓も栄養を吸収する力がアップします。

その結果、「ドカ食い」に走り、あっという間に元通り。もしくはダイエット以前よりも「体重が増えてしまう」のです。リバウンドのリスクを回避するためには、緩やかに体重を落とし、偏りなく栄養素を摂取しなくてはなりません。

脳が「危険信号」を発信することがないよう、「健康的にやせる」必要があるのです。つまり、しっかりと「食べる」ことで、リバウンドのリスクも回避できるのですね。

1-3.「食べない」ダイエットが「冷え」を誘発する

ダイエット冷え

いわゆる「太りやすい」方の多くは、慢性的な「冷え」を発症しているケースがとても多いようです。「冷え」とは「代謝が低下した状態」のことで、必ずしも手先や足先の冷えなど、自覚症状があるとは限りません。

最も分かりやすいのは、体温の低下。日本人の体温は50年前と比べて0.5度も低下したといわれており、いわば国民レベルで「太りやすい体質」が形成されていることになります。体温が下がると、内臓の働きが衰えるだけでなく、消化酵素の働きも低下。

さらに身体全体の消費カロリーも減少するわけですから、ダイエットは極端に難しくなります。この「冷え」を招く要因こそ、「食べない」タイプのダイエット。栄養素の偏りや、内臓機能の低下が、あなたの体温=代謝を妨げているのです。

2.食べても太らない「肉」と「油」の摂り方

2-1.鶏・豚・牛…食べてもOKなお肉の種類は?

お肉はダイエットの大敵、豚や牛はもちろん、鶏も駄目…そのように考えている方は少なくありません。しかし近年の研究により、「赤身の肉」はむしろダイエットを促進することが分かっています。

赤身には脂肪を燃焼させる成分の代表格「L-カルニチン」が豊富に含まれています。ご存知の方も多いと思いますが、L-カルニチンはダイエット用のサプリメントにも採用されるほど、脂肪の燃焼効果に優れた成分。代謝を高める栄養素として有名です。

また、赤身のお肉にはタンパク質も豊富に含まれています。タンパク質は脂肪になりにくく、筋肉のもとになります。筋肉量が増えると、脂肪を燃焼させる働きが促進され、体温も上昇。「太りにくい」身体になくてはならない組織です。

L-カルニチンは「生肉」に多く含まれていますが、お肉の生食は難しいので、調理法はロースト、煮込みなどがおすすめ。高タンパク、L-カルニチン、低脂肪の「赤身」で、健康的に「食べてダイエット」しましょう。

2-2.健康的に「油」を摂る方法とは

オリーブオイル

言うまでもなく、油を多く使った料理はダイエットを妨げます。しかし、日本の現在の食生活において、油を全く摂らないことは非常に困難。無理に摂生すれば、メニューの幅を極端に狭めてしまいます。

大切なのは「油の摂り方」。加工されたものではなく、オリーブオイルやゴマ油など、天然の植物性オイルを使用しましょう。未加工、植物性の油は体内で分解されやすく、「太りにくい油」として知られています。

また、一説によると、摂取した油を分解(代謝)する際、体に蓄積された脂肪も分解されるので、適度に摂ることはむしろダイエットに良いともいわれています。理想は熱を加えずに摂る新鮮な「エキストラ・バージンオイル」。サラダやカルパッチョ用のドレッシングとしていかがでしょうか。

油分が極端に不足すると便秘を発症するリスクも高く、代謝が悪化、かえって太りやすくなる危険性も。油は「適度に摂る」ことが大切です。

3.食事で「冷え」を撃退!脂肪の燃えやすいメニューとは

3-1.手軽に「冷え」を緩和する方法

日本人女性の多くは「間違った食事制限」を繰り返した結果として、「冷え」を発症しています。体温が36度に達しない低体温の方、手先や足先の冷えを自覚されている方は、正常な代謝=脂肪の燃焼が阻害されています。

太りやすく、やせにくい状態ですから、まさに「ダイエットが難しい」体質といえます。「冷え」の悪化を防ぐためには、普段から「体を冷やさない」工夫が必要。低体温になると胃腸の働きが低下しますから、ますます太りやすくなってしまいます。

体を温める食品、メニューを優先して摂るようにして、体を冷やすものは極力、避けてください。例えば、食事の際には必ず一品は汁物(スープ)をつけるとか、体を温める作用で知られる「根菜」を多く摂るなど。また、生の食材は酵素を多く含んでいるため、胃腸の働きをサポート、冷えによる弊害を緩和してくれます。

中には辛味成分の「カプサイシン」など積極的に摂る方もいるようですが、その効果は一時的なもの。大量に摂るとかえって体を冷やしてしまうので、おすすめできません。

3-2.「冷え」とダイエットに良い飲み物・悪い飲み物

ジンジャーティー

冷えにお悩みの方は、こまめに「温かい飲み物」を飲むように心がけましょう。おすすめは「ジンジャーティー」や「ココア」。ショウガとココア豆には体を温める成分が豊富に含有されています。

代謝を促進するために水を多く摂る方も多いようですが、「冷たい水」には要注意。冷えを悪化させる恐れがあります。ミネラルウォーターを飲むなら常温か「ぬるま湯」くらいがおすすめ。

また、外国産の飲料水はミネラル分が多過ぎるため、内臓に負担を与えてしまう可能性が指摘されています。日常的に摂るなら国産のお水にこだわりましょう。

一時期、ダイエットを促進するとして「アミノ酸飲料」が流行しましたが、その効果を疑問視する声も多いようです。糖分を多く含む製品が多いため、やはり摂り過ぎは逆効果。冷えにお悩みの方は「むくみ」を併発するリスクも高いといわれています。

誰しも一度は経験しているように、極端な食事制限は大きなストレスをもたらし、ダイエット失敗のリスクを高めます。また、人間の体に本来備わっている消化・吸収・代謝といった機能を低下させ、かえって「太りやすい」体質を作り出してしまいます。

大切なのは、「体に良いものをしっかり食べる」こと。今回ご紹介したように、ちょっとした工夫次第で、ダイエット中の食生活はぐっと豊かに、楽しいものに変わります。ポイントは「何を食べるか」ではなく、「食生活」そのものを見直す姿勢。まずは今日の献立を考えることから始めてみてください。

関連記事

ピックアップ記事

結婚式のおもてなし

2015.9.30

招待客の思い出に残る「おもてなし」を。結婚式の料理・装飾・席次

結婚式は新郎・新婦、二人だけのものではありません。両者の家族、親戚、知人、勤務先の関係者など、様々な人々が参加するイベントです。どうすれば招…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る