顔色がさえないのは「くすみ」のせい?効果的なケアの方法は

くすみの効果的なケアの方法
美 容

何となく「顔色が悪い」と感じたら、それは「くすみ」が原因かもしれません。

くすみとは、簡単に言うと「素肌が若々しく見えない」状態。

透明感」のある素肌、「美白」の対極に位置する顔色だと考えてください。

顔色は「生まれつき」?
私は「地黒」だから仕方ない?

いいえ。必ずしもそうだとは限りません。

くすみ原因対処法を正しく理解して、赤ちゃんのように瑞々しい素肌を取り戻しましょう!

1.「くすみ」に関する基礎知識!毎日のケアは

1-1.あなたはどのタイプ?くすみの「種類」と「原因」

くすみの種類と原因
くすみにはいくつかのタイプ(種類)があります。

最も多いのは、古い角質のせいで生じるタイプ。古い角質がたまって厚くなる「角質肥厚」が原因です。

古い角質は酸化して黒く見えるため、肌がくすんで見えるわけですね。

ターンオーバーが低下するとこの状態に陥りやすく、加齢によるくすみは特にこのタイプが多いといわれています。

肌の「乾燥」も要因の一つ。
肌は水分が不足するとバリア機能が低下します。その機能を補うために角質が厚くなる → 肌がくすんでしまう方が多いようです。

原因は異なりますが、結果(角質肥厚)は先ほどのタイプと同様です。

この他にも、「血行不良」や「日焼け」、摩擦・刺激による「色素沈着」なども原因として考えられます。

血行不良は「睡眠不足」、日焼けは「紫外線」、色素の沈着は「肌の炎症」などが関係しているケースが多いです。

これらの要因は複合的に重なる場合もあって、必ずしも一つの要因だけをケアすれば良いとは限りません(美白化粧品だけでは不十分なケースも多いのですね)。

まずは「原因」を正しく把握し、くすみの「タイプに応じたケア」を行うこと。
これがくすみを改善するために欠かせない基本姿勢です。

1-2.ピーリング化粧品で角質除去!ターンオーバーの促進も

ピーリングで角質除去角質肥厚」がくすみの要因である場合は、古い角質を除去しなくてはなりません。

最適なケアとしては「ピーリング」が挙げられます。短期間で角質を取り除くことができるため、ケアを始めてすぐに効果を実感される方も多いようです。

定期的にピーリングを行うと、肌のターンオーバーが活性化されるだけでなく、有効成分の「浸透力」もアップします。

古い角質は化粧品の浸透を妨げる「スキンケアの大敵」ですが、ピーリングで除去すれば有効成分が肌の奥深くまで「届く」ようになります。

ピーリングを行った後は「保湿」もお忘れなく。セラミド配合の美容液などこまめに使用すると、肌に「透明感」が出てきます。

有効成分の浸透力がアップしたことで、「美白」にも効果的に取り組めるようになるでしょう。

1-3.乾燥によるくすみは「保湿」でケア

乾燥によるくすみは保湿
角質は乾燥すると灰色や黒色に変色します。結果、肌がくすんで見えてしまうので、冬場は特に丁寧なケアが必要。

また、気温が下がると「血行不良」も併発する方が多く、さらにくすみの進行するリスクは高くなります。

乾燥対策保湿は、「毎日」行うのが基本。有効成分として人気の高い「セラミド」や「ヒアルロン酸」配合の化粧品を習慣として活用しましょう。

週に1度のピーリングと毎日の保湿で、明るく、透明感のある肌を「相乗効果」で実感できるはずです。

ピーリング化粧品は洗い流すタイプ、保湿アイテムは美容液やクリームがおすすめ。

このつのケアに取り組むことで、くすみだけでなくニキビ、毛穴の詰まり、シミ、シワなど、様々な肌トラブルを予防・改善可能です。

ただし、敏感肌の方はピーリングで炎症など生じる恐れも。低刺激なもの、肌質に合った化粧品を選んで使用してくださいね。

2.一歩進んだ「くすみの徹底ケア」

2-1.即効性に優れた「パック」によるケアもおすすめ

パックによるくすみケア
くすみを今すぐに何とかしたい!そんな方には「パック」による「集中ケア」がおすすめ。

肌を密封状態にすることで、有効成分を「短時間で内部に浸透させる」ことができます。

他のスキンケアと比較してコストは割高ですが、即効性に優れているのがパック系化粧品の魅力。

デートや女子会の前日など、「大切なタイミング」で頼りになるのは嬉しいポイントですね。

パック系アイテムには様々な種類がありますが、くすみに効くのは「保湿」や「アンチエイジング」、もしくは「美白」タイプ。

くすみ専用」として市販されているパックもあるので、ぜひ一度お試しになってはいかがでしょうか。

ただし、「たまにパックだけすればOK」という考え方は誤り。くすみのケアは毎日の洗顔と保湿で「予防」するのが基本です。

また、パックは「長時間使用すると効果がアップする」という人もいますが、これも間違い。

有効成分は所定の時間内に浸透するよう設計されていますから、「使用時間に比例して効果がアップする」ということはありません。

他のスキンケアに比べて、パックはかなりの時間を必要とします。

理想としては1ヶ月に1~2回くらいは取り入れたいところですが、「面倒くさい」とサボりがちな方も多いよう。そこでおすすめなのが「ながらケア」です。

好きな音楽を聴きながら、映画やテレビを観ながら…
楽しみ「ながら」できるケアの方法を、自分なりに探してみてください。

2-2.顔色の「三原色」と「血行」の関係

顔色を左右する3要素
顔色を左右する要素は主に3つ。
角質の「グレー」、メラニン色素の「イエロー」、そして血液の「」です。
3つの色合いのバランスによって決まるわけですね。

若々しく透明感のある素肌に欠かせないのは血液の赤。ですから、キレイな肌を「血色が良い」という風に表現したりもします。

しかし、血行が悪くなると角質のグレーやメラニン色素の黄味が目立つようになり、これが「くすみ」の大きな要因に。

したがって、角質の除去、メラニン色素の排出に加えて、「血行促進」もくすみの解消には必要不可欠な要素といえます。

血行を促すケアとしては、フェイスマッサージがとても効果的。

ただし、強くこすると色素沈着の原因になるため、やさしく、丁寧に行うことが大切です。専用のクリームなど使用して、摩擦の軽減を図るのも良いでしょう。

血行不良の要因としては、女性に多い「冷え性」も考えられます。「冷え」体質改善を目的に、有酸素運動を習慣として取り入れるのもおすすめ。

軽めのジョギング、ウォーキング(お散歩)程度でOKなので、できる範囲で始めてみましょう。

また、「喫煙」の習慣がある方は、できる限り「禁煙」に取り組んでください。喫煙は血行を著しく阻害するため、健康・美容、両方の観点でおすすめできません。

2-3.食生活から考えるくすみ対策

食生活によるくすみ対策
先ほどもご説明したように、くすみの原因としては「代謝の低下」、「乾燥」、「血行不良」の3つが主に考えられます。

いずれも「食生活の改善」によってケアをサポートすることができるので、栄養バランスに配慮することも大切。

例えば、代謝促進(ターンオーバーの活性化)に必要な「ビタミンE」、「タンパク質」など積極的に摂取してみましょう。

ビタミンEはナッツ類や緑黄色野菜、タンパク質は肉、魚、大豆食品などに含有されています。

乾燥対策には肌の潤いを保つために必要な「ビタミンA」が有効。うなぎや緑黄色野菜に多く含まれています。

血行の改善に効果的なのは「鉄分」や先述した「ビタミンE」。鉄分はレバーや貝類が豊富に含有しています。

くすみは複合的な要因によって引き起こされるケースも多いようです。

これらの栄養素をバランス良く摂取し、食生活の面からも包括的なケアに取り組みましょう。

くすみ対策のまとめ。10のポイント

くすみ対策まとめ
くすみの原因は、厚くなった角質、乾燥、血行不良、日焼け、色素の沈着など

原因によって効果的なケアの方法が異なる

角質の除去には「ピーリング」、乾燥には「保湿」がおすすめ

ピーリングは洗い流すタイプが人気。保湿アイテムとの併用が基本

乾燥対策には「セラミド」、「ヒアルロン酸」など有効成分を含む化粧品を

即効性を狙うのなら「パック」。音楽を聴いたりテレビを観たりして、退屈しない工夫を

顔色は「角質」、「メラニン色素」、「血行」、以上3つの要素によって決まる

くすみの予防・改善には「健やかな血行」が欠かせない

血行不良は「冷え性」、「喫煙」など、体質や生活習慣によって引き起こされる

運動習慣や食生活の見直しによって血行促進を

関連記事一覧