専業主婦と心① アラフォーからアラフィフまでの「危機」を乗り切る

専業主婦の空の巣症候群
ライフ(人生)

子育てもひと段落して、人生が新たな局面を迎える40代~50代。

特に専業主婦の方は、暇を持て余すか、充実した生活を満喫するか、その後の人生が二極化するケースも少なくないようです。

更年期には、「気分の落ち込み」や「生きがいの喪失」など、精神的に不安定な状態に陥る女性も…。

一般に「更年期障害」と呼ばれるこれらの症状を予防・改善するためにも、精神面・生活面の充実を意識しなくてはなりません。

40代~50代以降の専業主婦は、どのような形で新たな目標=生きがいを見出すべきでしょうか。

以下に具体的な方法論や「」の安定・充実を図るためのテクニックを見ていきます。

1.生活に「張り」を!アクティヴな毎日を目指して

1-1.病は気から。気は毎日の生活から養われる

40代以降の女性は、「中年の危機」、「燃え尽き症候群」、「更年期障害」など、心身の両面で様々なリスクにさらされます。

どれだけ健康や美容に配慮しても、体力や容姿の衰えを「ゼロ」にとどめることはできません。

また、子どもが独り立ちしてしまうと、その寂しさや空しさから「空の巣症候群」に陥る女性も増えているようです
(特にシングルマザーは強い不安感や孤独感に苛まれる事例が多いといわれています)。

こうした症候群や障害(そして生活の変化)は、いずれも自律神経の働きに大きな影響を与えます。

精神の変調が神経に影響を及ぼし、神経の異常が「生活の質」を低下させ、また精神に悪影響を与える…

この悪循環を断ち切ることこそ、専業主婦の「第二の人生」を充実させるために不可欠な「課題」となります。

簡単に言えば、落ち込んだら負け! 明るく前向きな気持ちを持ち続けることが大切なのです。

心と体をバランスさせて、精神と身体の両面から健康をキープする。そして、張りのある生活、充実した毎日を自らの意思で演出する。

幸い、その方法やテクニックは、日常生活の中で手軽に実践できるものが少なくありません。

1-2.「やる気」や「充実感」をもたらす活動

まず「自律神経の安定」に関しては、座禅、ヨガ、瞑想などイメージする方も多いことでしょう。

科学的・医学的に見てもこれらの方法は神経を安定させ、心身のリフレッシュ効果を発揮することが分っています。

しかし、私たちにとってはハードルが高いのも事実。また、「向き不向き」もありますから、必ずしも万人におすすめできるものではありません。

もっと手軽な方法としては「芸術的活動」や「スポーツ」が挙げられます。

例えば、音楽鑑賞、絵画や陶芸、書道などの創作活動、詩作、さらにはカラオケなど、いずれも精神的な健康に寄与することで知られています。

スポーツやエクササイズ(運動)に関しては、生活習慣病の予防、ストレス解消はもちろん、自律神経を整える効果も期待できます。

特にジョギング、ウォーキングや水泳などの「有酸素運動」は、運動中の脳が瞑想状態に近い働きをするとして、近年話題を集めているようですね。

1-3.交友関係や生涯学習、趣味の効用

趣味がない… 運動が苦手…
そんな方は友人や知人との交友(お喋りや食事、ショッピングなど)でもOK。

または、ボランティアや再就職などによる「社会参加」も生活に「張り」をもたらす方法としておすすめです。

最近では、通信教育、図書館、カルチャースクール等を利用した「生涯学習」も、更年期~高齢者に至るまで普及しつつあります。

毎日の生活に取り入れることのできる「音楽鑑賞」や「芳香療法」(アロマテラピー)もおすすめ。五感に心地よい刺激を与え、ストレス解消や精神の安定を図るわけですね。

音楽鑑賞は近年「音楽療法」という形で、医療・介護の分野でも活用されています。

これらの活動、趣味や交友は、「どれか一つ」を選ぶ必要はありません。

むしろ「毎日違うこと」をしたほうが刺激的で、「楽しさ」や「やりがい」を実感できる方も多いことででしょう。

とはいえ、体力や気力が低下するのも中高年の宿命。けして無理をすることなく、マイペースで取り組んでくださいね。

まずは「気晴らし」や「暇つぶし」くらいの感覚で始めてみましょう。

2.社会参加と交友・体験の重要性

2-1.交友関係を充実させれば世界が広がる

20~30代にかけて家族のことを最優先し、妊娠・出産・子育てまで「完璧な母親」として「がんばった女性」ほど、「空の巣症候群」に悩まされるケースが多いといわれています。

もはや家族に「頼られない」、社会にも「必要とされない」、そんな空しさから無気力な状態に陥ってしまう…

自分のことを否定的に捉えてしまうこの思考パターンこそ、「空の巣症候群」の大きな原因です。

しかし現代の40代~50代といえば、まだまだ「女盛り」の年齢。社会に出れば「働き盛り」の女性ばかりです。

家族優先の生活をそろそろ「卒業」して、新しい一歩を踏み出してみるのはいかがでしょうか。

パート、アルバイト、ボランティア…
社会参加の方法はあなた次第です。

そうはいっても「やる気」が出ない…
そんな場合はとりあえず「交友関係の拡大」から始めてみましょう。

家族優先の生活は、ともすれば「内向き」になりがち。単調な毎日に変化をもたらす存在として、知人や友人の存在は貴重です。

同じ年頃の女性なら、同じような悩みを持っているもの。

子どもの巣立ちに伴う寂しさ、孤独感や無力感、そして夫婦の倦怠感や不定愁訴(更年期障害に関する体や心の変化)…。

お互いに悩みを話し合い、共感を得ることは、ときにカウンセリング的な「癒し」をもたらします。

年上の女性(人生の先輩)からアドバイスをもらうのも良いですし、一緒に旅行に行ったり、習い事を始めたりするのもおすすめ。

気付けば気持ちが楽になり、悩みの大半が解消されているかもしれません。

この時期、「専業主婦の悩み」は、残念ながら夫の理解を得られないことが多いようです。だからこそ同性の知人・友人は貴重な存在なのですね。

2-2.大切なのは「動く」こと。新しい「体験」を積み重ねこと。

しかし、仕事や家庭を優先してきた方は、親しい知人がいない、気軽に話せる友達が少ない… というケースも多いようです。

学生時代の同級生、会社の同僚やママ友など、50代頃から疎遠になってしまう女性は少なくありません。

そんなときは、交友関係を「更新」する時期に差し掛かっているのかも。

学生、社会人、母親として年代別の友人が増えたように、中年から老後にかけての「新しい人間関係」を模索する年齢を迎えている…

そのように考えてみてはいかがでしょう。

「出会いの場」は何でもOK。市民講座やカルチャースクール、習い事、再就職やボランティア活動。

とにかく家に閉じこもることをやめて、外に目を向けること。「人のいる場所」に赴けば、交友関係は自然に広がっていきます。

これらの活動はそれ自体が良い気晴らしにもなりますから、参加するだけでも生活に「張り」が生まれます。インターネット(SNSなど)を活用するのも良いでしょう。

「お小遣い稼ぎ」をかねて、パートやアルバイトを始めるのもおすすめ。

もちろん男性の友達を作るのもアリです。
男性ならではの会話、考え方、アドバイスなどに触れることで、新鮮な刺激を受けることができるかもしれません。

「友達作り」はハードルが高いかも…
そんな風に思えたら、まずは外出するだけでもOKです。

ショッピング、ドライブ、食べ歩きや日帰りの旅行。「動く」、「新しいものを見る」、「美味しいものを食べる」、そんな体験の積み重ねで心身をリフレッシュさせましょう。

毎日、1日1つ「予定」を作る。そんな「目標設定」を原動力にする方法もおすすめです。

まとめ

「超高齢化」の社会に生きる私たち。
子育てや仕事を終えて、その後も人生は20年~30年と続きます。

60代~70代を迎えた自分が、老後の人生を謳歌できているかどうか…

今から具体的にイメージしておきましょう。

家族中心の生活から、いかに自分中心の生活に切り替えるのか。

アラフォー」や「アラフィフ」と呼ばれる年代は、その「シフトチェンジ」を行う絶好のタイミングです。

「専業主婦は恵まれている」という風によく言われます。しかし、選択肢が多いからこそ「生き方」に大きな「格差」が生まれるという、厳しい側面もありますよね。

どうせなら、とことん有意義な形で、お金や時間を「自分に投資」してみましょう。

老後の準備期間として、趣味や教養を磨くのか、働いてお金を貯めるのか…

「生きがい」や「やりがい」を基準に、ぜひ今後の人生について考えてみてくださいね。

この記事にかんするご質問、ご感想はこちら

● 文/マイハピ編集部

関連記事一覧