男性目線の「モテ戦略」!美人じゃないのにモテる理由とは

美人じゃないのにモテる理由
恋 愛

男性にモテない… 彼氏ができない…
年齢を問わず、多くの女性が抱えている悩みです。

美人じゃないから? 消極的だから? 必ずしもそうとは限りません。

現に、あなたと同じくらいのルックスで、それほど交際範囲が広いとも思えない友人の中に、「なぜかモテる」女性がいませんか?

「自分とどこが違うの?」と、自問自答されている方も多いはず。

彼女たちが知る「モテ」の秘訣、それはあなたの気づかない「隠れた美」にあります。

1.男性が女性に求める「美」とは何か?「見え方」や「感じ方」の性差

1-1.「魅力的な女性像」は男女によって異なる

女性の「美」については、よく「外見」と「内面」という風に区別して考えられます。

外見で言えば、カワイイ、キレイ、美人、オシャレ… といった形で評価されますね。

内面は、優しい、知的、性格が良い、繊細…
などなど、主に個性や性格が評価の基準になります。

注意していただきたいのは、男性と女性の間には、外見と内面に「見え方の違い」があるということ。

例えば、男性が思い描く「理想の女性」と女性が理想とする「憧れの女性像」は、必ずしも一致しません。

少し具体的に見ていきましょう。
女性が憧れる「オシャレな女性」は、

「個性的」なファッションで「自分のカラー」を出している

「流行」のコーディネート、「こだわり」を取り入れている

派手すぎず「洗練」されている

などといった要素を満たしていますね。

一方、男性が考える「オシャレな女性」とは、

「女性らしい」服装

「カワイイ」コーディネート、「TPO」に適している

自分(男性)の「好み」に合っている

以上のように大きな「違い」があります。

女性と比較すると男性は「ベタ」な傾向が強く、女性を形式的に見ています。

一方、女性は「個性」に強く惹かれる傾向があり、「型にはまらない」女性に憧れます。

「モテ」を優先して考えるなら、「女性の理想像」を目指すのではなく、「男性の憧れる女性像」に近づかなくてはなりません。

これは「オシャレ」だけではなく、外見・内面の全てに言える重要なポイントです。

1-2.外見は「諦めない」。男性はあまりにも「見た目」に左右される生き物

外見は諦めない

女性であれば誰しも、残酷な事実に気づいています。疑いなく「美人は得」で、「不細工は損」。

男性にも同じことが言えますが、ルックスが人生にもたらす影響は、女性の方がずっと大きいのです。

男性は社会的な成功をおさめれば、間違いなく「モテ」ます。お金や地位が強力な武器になるわけですね。

しかし女性は、いくら社会的に成功しても、男性にモテるとは限りません。ここに「女性ならではの不幸」が潜んでいます。

だからといって、オシャレを諦めては駄目。 女性が男性のルックスを気にする以上に、男性は「女性の見た目」に関心を抱いています。

あなたの「美」の限界値が100なら、常に100の状態をキープすること。
そしてできれば、メイクやオシャレ(な服装)で101、102を目指すこと。

女性から見た+1は、男性にとって+10にも+20にも「上方修正」されます。男性は「視覚的な生き物」だということを常に意識してください。

1-3.内面は「磨く」。どのように「考えるか」、「感じるか」ではなく何を「する」か

外見は恋愛の「きっかけ」を、「可能性」を広げるもの。交際に発展するかどうかは、あくまで内面で決まります。

すなわち「女性の魅力」は、「外見X内面」という掛け算の「総合値」として考えることができます。

しかし内面には、外見と違って「美の基準」が存在しません。

性格(キャラクター)、知性、優しさ、感性、品性…

様々な要素がミックスされて、一つの「個性」を形作ります。そのバランスは、生まれつき決まっているようにも思えます。

とはいえ、あなたの「行動パターン」は変えることができます。より明るく振る舞う、より知性的に話す、より優しく人と接する…
という風に。

結果として、男性からは「いい女」として評価されるようになります。

そうです。あなたの「内面」とは、何をするか(したか)によって評価されるもので、「他人から見たあなたの一面」に他なりません。

自分しか知らない「本当の内面」は、あなたしか知らないわけですから、気にする必要がないのです。

以上のように考えると、内面を「美しく磨く方法」も明確になります。

行動パターンを変え、日々の暮らしの中で実践していくこと。自覚している短所を改善し、長所を伸ばすこと。そして男性の目線を、少しだけ意識すること。

男性に「媚びる」必要はありませんが、少しだけ(心理的に)近づいてあげましょう。
ときどき「心のツボ」を押すような、親しげな距離感が理想です。

2.モテるための「自分磨き」について考える!よくある「誤解」とは

2-1.「悩み」はあなたの「のびしろ」です

moteru02
もしも「モテない理由」が分かっているのであれば、その点はむしろ肯定的に考えてみましょう。

男性の前だと緊張して上手く喋れない…
ルックスに自信がない…
女性らしい振る舞いが苦手…

悩みは具体的であればあるほど良く、改善点が明確になります。

「磨けば光る」ポイントなのですから、理想の姿に一歩でも近づくために、今日からできることを始めてみましょう。

悩みや失敗の積み重ねこそが、アップデートされた「未来の自分」、「将来のモテ」を支えてくれます。

さらに言えば、女性の悩みの多くは個人的なものが大半で、実は「改善しなくても良い」ケースが少なくありません。

「モテ」の観点から言えば、「話ベタ」な女性も、「自信がない」女性も、「女らしくない」女性も、男性からそれほど大きくマイナスに査定されるわけではありません。

実は「○○という欠点があるから、私はモテない」という「思い込み」こそが、最大の障害なのです。 いわば自分で自分を縛っているわけですね。

女性としての「美しさ」や「魅力」を追求することは大切ですが、自分の考える主観的な「悩み」、「欠点」のせいで消極的にならないように。

磨きぬかれて「完成された自分」だけが恋愛の権利を持っているわけではありません。

努力の過程で恋愛することも可能ですし、「恋愛によって磨かれる部分」だってあります。

2-2.自分にとって「無駄」なことから始めてみる

恋愛のためのエネルギー
モテない女性の多くは恋愛を「諦めて」います。

だから、「オシャレしても(やせても)、どうせ不細工だし…」という風に、「○○しても、どうせ××だから意味がない」という形式の思考に陥りがち。

しかし、これはモテない理由を正当化するための言い訳に過ぎません。

まずは、「どうせ××だし」の××を無視する(考えない)ようにしてください。

そして、一見したところ無駄に思える○○を始めます。同時に複数のことに取り組む必要はありません。

ダイエットでもオシャレでもSNSでも、何でもOK。
すると、あなたには自信や快活さが湧いてきます。恋愛のための「エネルギー」といっても良いでしょう。

モテるためには「磨き抜かれた自分」という結果も大切ですが、それ以上に、「磨く」という行為そのものから引き出される「モチベーション」も重要。

常に自分のコンディションを良好に保つことで「恋愛の可能性」を広げるとともに、磨くという行為=努力から積極性を増進させましょう。

まとめ

「魅力的な女性像」は男女で異なる。
モテるためには男性の思い描く「理想」に近づくこと。

必ずしも個性を演出する必要なし。
男性は単純で「ベタ」な魅力に惹かれやすい。

女性が考える以上に「外見」は重要。
男性にとって女性の「オシャレ」はたまらない魅力。

「内面を磨く=本当の自分を高める」と考えるのは誤り。他人から見える部分のみが「モテ」に影響する。

「悩み」は「伸びる余地がある部分」と考える。必ずしも「モテない理由=悩みのせい」ではない。

「悩みが解消されない限り恋愛はできない」という考えを捨てる。
恋愛の過程や結果として解消される悩みも多い。「主観的な悩み」は、そもそも解決する必要がない場合も。

「磨く」という行為そのものから恋愛する「エネルギー」や「自信」が生まれる。
「無駄」に思えることから何か一つ、まずは試してみよう。

関連記事一覧