難しい…怖い…人間関係のトラブル!他人に左右されない生き方を

人間関係・生き方

私の人生に「悩み」や「不安」が絶えないのは、「他人」のせい?それとも「自分」のせい?

他人と自分。両者は不可分の関係にあります。とはいえ、難しく(哲学的に)考える必要はありません。簡単に言うと、「自分を高めれば、他人が気にならなくなる」ということ。以下、人間関係を紐解くキーワード、「自分」と「他人」について考えてみましょう。

1.人間関係はシンプルに。「自分」と「他人」を考える

1-1.人間関係の「断捨離」を

女性の抱える「悩み」や「不安」は、人間関係に起因するものが少なくありません。家族との関係、恋愛、職場での立ち位置(グループ)、同性との友情…それぞれに複雑なテーマを含んでいます。

しかし一方では、交友関係を自らの「ステータス」として捉えて、ひたすらその「拡大」を目指す方も多いようです。「みんなから好かれている私」というわけです。

しかし、それは正しい考え方でしょうか。交友関係が増えるということは、それだけ「悩みの種」が増えるということでもあります。幅広く、バランス良く人と接する姿勢を心がければ、相当の時間と手間を費やさなくてはなりません。

そこで提唱したいのが、「シンプルな人付き合い」。家族や恋人との関係を容易に変えることはできませんが、「友人」に関しては「入れ替える」ことだってできます。「最近Aさんと話していても楽しくないから、これからはBさんと仲良くしよう」という風に。

一見したところ薄情に思えるかもしれませんが、真に価値のある人間関係は限られています。LINEやFacebookの「友だち」が、あなたのことをどれだけ気にかけてくれるでしょうか。

もちろん、インターネットは新しい交友関係・人脈を構築するために便利なツールですが、その「維持」にばかり労力を費やすのは考え物。人間関係は定期的に「アップデート」して、不要な関係は断ち切ってしまいましょう。そう、「削除」するイメージです。

友人を選ぶ基準は「心地よさ」。一緒にいて「ストレスが溜まらない」関係が前提です。なんとなく「腐れ縁」で長々と付き合っている友人・知人がいるのなら…いま流行の「断捨離」に挑戦です!

1-2.「自分」を最優先して生きる

自分を最優先して生きる日本は「世間」という独自の概念が根付いた国として知られています。「日本に宗教はないが世間がある」と断言する学者さんもいるほど。そんな中にあって、つい「自分」よりも「他人」を、「プライベート」よりも「公」を優先してしまう方が少なくありません。

そんなの当然?自己中心的な人間にはなりたくない?そうです。そのような考え方が「美徳」として賞賛される点にこそ、日本社会ならではの難しさが潜んでいます。

しかし、人生は誰にとっても一度きり。時間は限られています。もしもあなたが「夢」や「目標」を持っているのなら、そのために「自分」を最優先に考えるべきではないでしょうか。ときには「自己中心的に生きる」ことで、将来が良い方向にシフトすることもあるのです。

例えば、「現在の仕事を辞め、資格を取るために勉強を始める」というケースについて考えてみましょう。いきなり辞意を伝えれば職場は混乱しますし、人手不足で迷惑をかけることもあるでしょう。一時的に収入が途絶えるわけですから、家族に無用の不安を与えてしまう…そのように考える方も多いかもしれません。

だからといって、「他人」のことばかり考えていては、いつまで経っても身動きが取れません。新しい担当者が入社してから…もう少し貯金が貯まってから…などと「配慮」しているうちに、5年、10年という時間が過ぎてしまうのはよくあることです。そうなってはもう「手遅れ」かもしれないのです。

誰の人生にも一度か二度は「好機」=「チャンス」があります。そして、チャンスを最大限に活用するためには、ときには思い切り「自己中心的に振る舞う」ことも必要なのです。あなたの人生は、あくまであなたのもの。他人の都合ばかり考えて、無理に「良い人」を演じていませんか?

もっと自由に、「自分」を最優先して生きてみましょう。人生の「主人公」になることで、かえって肩の荷がふっと軽くなるかもしれません。

2.「ゆとり」を忘れず、「自信」を深める人生観

2-1.「ゆとり世代」はダメ?No!いつも心に「ゆとり」を持とう

流されない生き方10代~20代の若い人々を揶揄する際、「ゆとり世代」なんて言葉が使われることがあります。しかし、心に「ゆとり」を持つことは、必ずしも悪いことではありません。

「キャリアウーマン=ストレスフルな生き方=女性の憧れ」なんていうイメージは、もはや過去のもの。ちょっと前には、30歳代以上・未婚・子なしの3条件がそろった女性を 「負け犬」と呼ぶことも流行しましたよね。

ゆとり世代、キャリアウーマン、負け犬…これらの言葉に共通する事象は、その時々のごく「限定的な価値観」に、女性達が劣等感(もしくは優越感)を抱いているということ。近い将来には、また新たな「流行語」が女性の自意識に揺さぶりをかけることでしょう。

当サイトが提唱したいのは、短命に終わる風潮やトレンドに過剰反応しない姿勢。一人の女性、個人としての「流されない生き方」です。

そこで必要になるのが、ものごとを俯瞰(ふかん)して見る力。高いところから見下ろすようにして、全体を見渡す「余裕」ある視点です。心に「ゆとり」があれば、人は一時の流行や偏った価値観に惑わされることはありません。

若い女性は、「自分はどうせゆとり世代だし…」なんて自己嫌悪に陥ることなく、むしろ「ゆとり」を大切にする生き方を貫いてみてはいかがでしょうか。

心に「ゆとり」のある人間は、他人に優しくすることができます。誰にでも感謝する「余裕」を持っています。つまり、人間として「成熟している」といっても良いでしょう。女性の「」だって、ゆとりある生活、余裕のある落ち着いた雰囲気や態度によって、より輝きます。

2-2.他人に左右されない「自信」を持つ

自分を磨く生き方「ゆとりOK!」なんていう風に書くと、無責任な自己肯定に思えるかもしれません。心のゆとりは自分に「自信」があってこそ。自分を肯定するのは大切なことですが、そのための努力も怠らないようにしましょう。

とはいえ、「何もかも他人以上にがんばる」必要はありません。何か一つ、誰にも負けない、誇れるものを持ってください。それはあなたの「よりどころ」となり、人生を支え、導いてくれるはずです。

それは趣味でも仕事でも、何でもOK。ただし、他人の存在に依存するものはNGです。小説家の村上春樹さんは、「腹が立ったら自分にあたれ。悔しかったら自分を磨け」という言葉を人生のテーマにしているそうです。

中には他人を打ちか負かしたり、否定したりすることで自尊心を慰める方もいますが、そんな生き方ではトラブルが絶えません。結局は他人の存在、関係性に依存しているわけですから、自分の「核」を養うこともできないのです。

一定の「ゆとり」を保ちながら、「自分磨き」にフォーカスすること。そうすれば、時代や環境がどんなに変わろうと、あなたは自立した女性として輝き続けることがでるでしょう。

人間関係に頭を悩ませる人は、「自分に自信がない」場合が少なくありません。自分に自信がないから、他人の言うこと、することが気になってしまうのです。したがって、「自分を磨く」生き方は、「人間関係の悩み」を遠ざける生き方、「自立」した生き方でもあります。

腹が立ったら自分にあたれ。悔しかったら自分を磨け

自分の「」を養い、アップデートすることで、不安や悩みを断ち切りましょう。真に充実した人間関係が、その先に待っているはずです。

関連記事

ピックアップ記事

結婚式のおもてなし

2015.9.30

招待客の思い出に残る「おもてなし」を。結婚式の料理・装飾・席次

結婚式は新郎・新婦、二人だけのものではありません。両者の家族、親戚、知人、勤務先の関係者など、様々な人々が参加するイベントです。どうすれば招…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る