もっと理解したい…理解されたい…「性格」や「個性」の活用術

性格・個性の活用術

「本当の自分を理解してほしい」
「ありのままの姿を受け止めてもらいたい」

人は誰しもそのような欲求と無縁ではいられません。「自分を偽る」ことは、ストレスの多い生き方ですし、その先には悩みや不安の尽きない人生が待っている…そのように考える方が多いようです。しかし、そもそも「本当の自分」なんて実在するのでしょうか。「他人から見える自分」、「自分がイメージする自分」、どちらも自分の一面には違いありません。

例えば「性格」。職場での自分、家庭での自分、友人を前にしたときの自分…それぞれに異なる性格(キャラクター)を使い分けていませんか?そのどれもがあなた自身ですし、どのような性格も多少は「演技」によって成立しています。このように考えてみると、「本当の自分」の曖昧さ、不明確な部分も見えてきます。

もう一つ、最近では「個性」として「自分のオリジナリティ」を重視する傾向が顕著になっています。いってみれば、これも「ありのままの自分でOK」という、一つの価値観に他なりません。「個性を活かす」、「個性的な発想」なんて職場や学校では美辞麗句のようにもてはやされていますが、ここでいう「個性」とは、「社会の役に立つ資質」のこと。単に「長所」を意味しているに過ぎないのです。つまり、

個性を活かす=長所を活用する
個性的な発想=優れた発想

という風に言い換えることができます。一方で、私たちは自分の短所・欠点なども含めて「個性」として捉えていますから、社会で受容される「個性」との間にはかなりの「ズレ」が生じています。

以上のように、今回は少し懐疑的な視点から「性格」や「個性」について考えてみましょう。

1.性格・個性の正しい考え方

1-1.自分は○○な人間と決めつけない

自分の可能性自分が思い描く「自分のイメージ」と、他人が見ているあなたの人物像は、必ずしも一致しません。そんな状況の中では、前者が「本当の自分」で、後者は「うわべだけの自分」として軽視される傾向があります。しかし実際のところ、世間や社会で評価されるのは後者の自分=他人から見えるあなたであり、「本当の自分」を知るのはあなただけ(もしくは家族や恋人など親しい人間)に限られます。

そのギャップから様々な悩みや不満が生まれるわけですが、「本当の自分」とは一種の「理想像」なので、多くの人は自分の「本当の」性格や個性を変えようとしません。ありのままの自分は尊く、唯一無二のキャラクターで、オリジナリティに溢れている…そのように考えがちなのです。いわば「心のよりどころ」になっているわけですね。

しかし、そのように「決めつける」姿勢は、自分の可能性を大幅に狭めてしまう危険性をはらんでいます。

地味な人間だからオシャレする必要はない…
お喋りが苦手だから人前で話すことは控えよう…
頭が悪いから一生フリーターでも仕方ない…

本当にそうでしょうか?他人から指摘されたあなたの性格、個性も「自分の一部」として柔軟に取り入れていけば、そこには新しい「発見」があるかもしれません。「自分に対する自分の見方」には、必ず「偏見」が含まれているものです。

自分の性格や個性が、未体験・未経験の分野でどのように輝くのか。実際に「試してみなければ分からない」ことだって多いのですね。「本当の自分」は曖昧な存在。だからこそ「過信しない」姿勢をおすすめします。

1-2.大切なポイントは「心地よさ」

心地よい環境「本当の自分が分からない」状態は様々な可能性に溢れていますが、不安定な状態でもあります。私たちは何を基準に人生の一局面を選択し、日々の判断を下すべきでしょうか?

シンプルな回答としては、「心地よさ」、好き・嫌いといった「感情」が挙げられるでしょう。もちろん、理性・お金・世間体だって大切なものに違いありません。しかし、自分自身の「幸せ」を最優先に考えたとき、「心地よさ」や「感情」に勝る重要事項は存在しないのではないでしょうか。

できるだけ心地よい環境に身を置き、無駄なエネルギーは使わない。好きなものには積極的にアプローチして、充実した体験・経験を重ねていく。嫌いなものはできるだけ遠ざける。そんなシンプルな生き方こそ、幸せへの近道ではないでしょうか。

ただし、「心地よさ」や「好き」・「嫌い」も、一度「試してみなければ分からない」ということをお忘れなく。嫌いなもの、苦手なものを「食わず嫌い」で決めつけるのは、やはり避けるべきです。未体験・未経験の分野には必ず「偏見」がありますから、まずは「試してみる」。

そして、自分の趣味・嗜好・スタイルを正しく把握してください。そうすれば、あなたの個性やキャラクターは、「心地よい環境」で、そして「好きなもの」に対して、いっそう輝きを増すことでしょう。

2.「いいひと」を演じない生き方を

2-1.「いいひと」は人間関係で損をする

本当に価値ある人間関係個性や性格(キャラクター)は、絶対的なものではありませんが、変えようのない部分もあります。だからこそ、好き・嫌い・心地よさの対象は人それぞれ。無理に自分を抑えて、嫌いなもの、苦手なものに近づく必要はありません。人間関係にも同じことがいえます。誰もが独自の個性や性格を持つ人間なのですから、気の合う人もいれば、何となく苦手な人もいます。

ところが、誰からも好かれよう(嫌われたくない)と、本来の自分を押し殺してしまう女性は少なくありません。過剰に「いいひと」を演じてしまうわけですね。「八方美人」として振る舞えば、確かに人間関係の摩擦は減るかもしれません。しかし、自分の性格や個性に蓋をすることで、人間関係に疲れ、大きなストレスを抱え込んでしまう方も多いようです。

さらにいえば、「いいひと」を演じる人生は、本当に好きな人、大切な人を遠ざけてしまいます。あらゆる人に対して「平等」に接するあまり、「本当に価値ある人間関係」を充実させることができないのです。一生の時間は限られています。嫌いな人には近づかず、好きな人、気の合う人と過ごす時間を増やしたいものです。

2-2.プライベートでは「ワガママ」に

親しくない人間から嫌われても、あなたの人生にはほとんど影響がありません。あなたの個性・性格を受け入れてくれない人間は、あなたにとって「相性の悪い人」です。そんな人たちの前で「いいひと」を演じて、無理に好かれる(評価される)必要があるでしょうか?

本心を隠してエネルギーを消耗させてしまえば、個性やキャラクターを発揮する機会さえ失われてしまいます。

もちろん、職場や学校では、ある程度「演じる」姿勢も必要です。それは誰もがやっていること。しかしプライベートでは、ありのままの自分、「素」のあなたをそのまま通すべきではないでしょうか。
自分にとって本当に大切なもの、価値ある人間関係や時間を守るためにも、エネルギーを浪費する「いいひと」の行動パターンは、意識して控えてみましょう。

他人に「媚びない」、「振り回されない」生き方こそ、あなた本来の個性や性格(キャラクター)が「活きる」人生です。多少は「ワガママ」に振る舞ってでも、もっと楽しく、一人の女性として自立した人生を歩んでいきましょう。

【まとめ】

人生の優先事項

・性格や個性は絶対的に許容されるべきものではない
・あらゆる「性格」には「演技」が少なからず含まれている
・「本当の自分」は曖昧な存在
・社会的に求められている「個性」は、役立つもの、優れたものに限られる
・主観的な「個性」は、短所・欠点などの受容を求める傾向が強い
・自分がどんな人間か「決めつける」と、様々な可能性が狭まる
・まずは色々なことを「試してみる」精神が大切
そのうえで、自身の個性や性格を正しく把握する
・基本的には好きなもの(人)、心地よさを優先して生きるべき
・自分を押し殺して「いいひと」を演じない。「八方美人」はエネルギーの浪費
・特にプライベートは「素」の自分で。より充実した人生を

関連記事

ピックアップ記事

結婚式のおもてなし

2015.9.30

招待客の思い出に残る「おもてなし」を。結婚式の料理・装飾・席次

結婚式は新郎・新婦、二人だけのものではありません。両者の家族、親戚、知人、勤務先の関係者など、様々な人々が参加するイベントです。どうすれば招…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る