• HOME
  • 恋 愛
  • 恋愛…婚活…仕事…30代の女性が心がけるべき「恋のルール」

恋愛…婚活…仕事…30代の女性が心がけるべき「恋のルール」

30代女性の結婚
恋 愛

そろそろ金銭的にも余裕ができてくる30代
バリバリ働くのも良いですが、「結婚」の二文字が視野に入ってくる年代でもあります。

さらに将来「出産」を考えているのであれば、少し焦ってしまう方もいるかもしれませんね。

逆算すれば、「あと〇年以内に結婚して、〇年以内に子どもを産んで…」。
気づけば「婚活」のタイムリミットも迫っています。

30代になったら考えるべきこと、最低限必要な「恋のルール」とは?

あなたの人生プランを大きく左右する「30代の恋愛」について、特に気をつけるべき3つのルールを見ていきましょう。

1.年齢によって生じる心の変化を把握する

1-1.恋愛対象に要求することが増えるのは当然

仕事と恋を両立するうえで「時間」は非常に貴重な要素となります。

ただでさえプライベートな時間が少ないうえに、結婚へのステップアップを計画しているわけですから、これは当然の話。

結婚を意識するということは、あなたの「一生」をその男性に託せるのか、慎重に見きわめる必要がある、ということです。

その期間は人によって千差万別。
交際期間数ヶ月で結婚に至る場合もあれば、数年~10年以上も付き合うカップルもいます。

「一生この人と過ごせるのか?」常に自問自答し、貴重な時間を実りあるものにしましょう。

ただ「好き」だから一緒にいる、これは必ずしも恋愛の「唯一の形」ではありません。

恋愛対象を選ぶ傾向として、20代までは「感情」、30代は「理性」、40代からは「妥協」なんていうアンケート結果も。
このように書くとやや素っ気ない気もしますが、

①自分が彼(将来の結婚相手)に求めるものはなにか
②彼はそのうちいくつのポイントを満たしているか

以上の2点について、まずは冷静に分析してみましょう。

1-2.失恋がもたらすダメージは徐々に大きくなる

失恋のリスク
30代の恋愛に冷静な判断が求められる最大の理由、それは「失恋の痛手が大きい」からに他なりません。

結婚を視野に入れているいないに関わらず、体力、気力ともに30代からはゆるやかに下降線をたどります。

30代になってから大きな失恋を経験すると、中には「一生独身」のスタンスを貫いてしまう方も。
無意識のうちに、自分から恋愛を遠ざけてしまう女性が少なくありません。

気持ち、時間、お金、全てを投資するのが30代の恋愛。

経験を積むことはもちろん大切ですが、あなたに残されている時間、端的にいえば「男性から見たあなたの賞味期限」も、そろそろ意識しなくてはなりません。

よく恋愛の心構えとして「失敗を恐れていはいけない」と言われますが、それはあくまで一般論。
人生設計の観点から恋愛を捉えるなら、失恋のリスクは少ないほど良いのです。

2.男性目線から「30代の独身女性」を考えてみる

2-1.「選ぶ側」から「選ばれる側」へ逆転するメカニズム

若さ以外の魅力をアピール
あなたが男性を厳しく「査定」しているように、男性のほうでもあなたを「男性なりの基準で評価している」ということは覚えておきましょう。

例えば、20代の女性は、男性にとって「20代」というだけで大きな価値があります。
男性にとって女性は「若ければ若いほど」良く、年齢を経た分だけ女性の評価は目減りします。

つまり、男性の意識は常に「自分より若い女性」に向けられており、もしもあなたが同年代の男性と交際したい、結婚したいと思っているのであれば、最大のライバルとなる「20代の女性」以上に「若さ以外の」魅力をアピールしなくてはなりません。

この点は、何もしなくても男性の方からアプローチしてくる20代の頃と比べ、かなり状況が異なります。

厳しい言い方をすれば、「ハンデがある」と考えることもできるでしょう。

2-2.最後に結婚を決めるのは男性…その理由とは?

結婚を決めるのは男性
さらに言えば、結婚の判断を下すのも、男性。
交際に至るまではあなたが主導権を握っていても、結婚を決めるのは男性なのです。
一見したところでは、

男性がプロポーズする → 女性がYESもしくはNOで応じる

という形式なので、女性の側に「決める権利」があるように思えるかもしれません。

しかし実際には、女性の側で「男性に結婚を決心させる」魅力がなければ、プロポーズに至ることはありません。

つまり、あなたが「選ばれた結果」としてプロポーズに至るのであり、その逆ではないのです。

考えてみてください。
男性は経済力さえあれば、30代でも40代でも結婚のチャンスは十分にあります。
同年代の男性は、まだまだ「余裕」があるわけですね。

一方、女性は経済力が必ずしも魅力となりません。男性はむしろ自分より低収入の女性を、そしてやはり「若い」女性を選ぶ傾向があります。

もっと「いい女」に出会えるのではないか…
その期待を胸に、30代の男性は10年以上だって「待つ」ことができます。

しかし、30代の女性は「若さ」、「妊娠・出産のチャンス」が徐々に失われていくため、「待つ」ことが難しいのです。

恋愛における「非対称性」と呼ばれるこの関係は、年齢を重ねるほどに女性にとって「不利」な状況を作り出します。

3.どうやって出会いの場=恋愛のチャンスを確保するか

3-1.10代~20代の頃と比べて出会いの機会は「激減」する

30代女性の出会い
相手を厳選することはもちろん大切ですが、そもそも男性との「出会い」がなければ、恋愛関係を築くことはできません。

10代の頃は「学校」があります。20代の頃は「職場」で魅力的な男性に出会うかもしれません。

しかし、30代は?

入社してくるのは次第に年下の男性が増えてきますし、結婚適齢期の男性であっても、ひとたび「同僚」として関係が固まってしまうと、恋愛対象として見る(見られる)ことは難しくなります。

もちろん、既婚者との「不倫」に未来がないことは言うまでもありません。

「働き盛り」の年齢ですから、職場と自宅を往復するだけの毎日、出会いなんてとても考えられない…
そんな方も多いことでしょう。

3-2.「白馬の王子様」願望を捨てて、自らチャンスをつかむ

30代はまだまだ女盛り
「いつ」か「誰か」が「どこか」で私を見つけてくれる…
「白馬の王子様」を夢見るのは、できるだけ早くやめてください。

個人の恋愛観にもよりますが、気軽に恋愛を楽しめるのは20代~30代前半まで。
年齢を重ねれば重ねるほど「生涯未婚率」はアップします。

そうは言っても出会いの場がない…
周囲に魅力的な男性がいない…

と嘆く前に、積極的に動いてみましょう。

友達に紹介してもらう、イベントに参加する、インターネット(SNSなど)を利用する…少し考えれば、方法はいくらでもあるはず。

例えばインターネットなら、同年代で、共有の趣味を持ち、あなたと同じように結婚を前提に恋愛相手を探している男性だって見つかるかもしれません(友人・知人の範囲でこうした条件を満たす男性を見つけることは非常に厳しいですが…)。

ポイントは、固定化されがちな人間関係を、できる限り広げていくこと。

30代はまだまだ女盛り。女性の美しさが咲き誇る年齢です。諦めも妥協も早すぎますよ!

一緒にいて安らげる関係
もしあなたが結婚を意識して交際相手を探している(もしくはすでに交際している)のなら、男性に無用のプレッシャーを与えないよう注意しましょう。

男性はときとして、女性以上に慎重に結婚を考えています。
大切なのは男性のペースに合わせ、寄り添うこと。

一緒にいて安らげるような、心が和むような、そんな関係性を築いていきましょう。

間違っても男性を「物色」しているような雰囲気は出さないように…。

この記事にかんするご質問、ご感想はこちら

● 文/マイハピ編集部

関連記事一覧