結婚式の前に…式場の選び方や打ち合わせのコツ、報告時のマナー

結婚式場の選び方

結婚の準備を進める中で、最も悩ましいのが「式場」選びと「招待客」の選定です。

結婚式場については、近年どんどん多様化が進んでいて、演出、会場の雰囲気や規模、サービス内容など、考えるべきポイントも増えています。

式場との契約後は、担当者との打ち合わせも必要。どのような点を話し合えばいいのか、どんなことを伝えるべきか…
事前に整理しておきましょう。

招待客に関しては、知っておくべきマナーなどありますから、あらかじめ確認を。

結婚式に招待する、しないに関わらず、事前に「報告」することもお忘れなく。

あわせて具体的な方法などチェックしていきます。

1.見学→予約→契約→打ち合わせまでの手順

1-1.式場の下見・見学のポイント

結婚式場の情報は、ブライダル雑誌やインターネットなどから収集できます。
魅力的な式場を見つけたら、実際に訪れて下見してみましょう。

チェックするポイントは、式場の雰囲気や設備、交通アクセスなど。

あわせて、スタッフの対応は丁寧か、要望点・疑問点など確認しておきましょう。

特に「こだわりたいポイント」などあれば、事前にチェックリストを作成しておくと良いでしょう。

その場で契約することはせず、複数の式場を見学し、比較することをおすすめします。
その際、見積もりを出してもらい、費用面のチェックもあわせて行いましょう。

式場によっては、期間限定の「ブライダルフェア」、「モデルルームの展示」などイベントを開催しています。

模擬挙式やウェディングドレスの試着、式用メニューの試食会などが体験できるので、機会があればぜひ参加してみましょう。

基本的には全て無料で体験できますし、イベントの当日に契約すると割引特典など付くこともあります。

ただし、契約に対してはあくまで慎重な姿勢を。
割引プランやセールストークは鵜呑みにせず、二人で、自宅で、じっくり話し合うことをおすすめします。

1-2.仮予約から正式契約、打ち合わせの流れ

結婚式場の契約・打合せ

式場が気に入ったら、見積もりをもらい「仮予約」を済ませておきましょう。

仮予約すると、1週間~10日くらいの間、希望の日時をブッキングできます。

また、正式には契約が締結されていませんから、予約金やキャンセル料など発生しません。ですから、複数の式場を仮予約してもOK。

人気のある式場は、すぐに予約で埋まってしまいます。気になる式場については、できるだけ早めに仮予約を入れておきましょう(仮予約中にはご両親と話し合うこともお忘れなく!)。

「正式契約」の際には、10~30万円くらいの内金(予約金)を支払います。式の費用を一部「先払い」するわけですね。

正式契約後にキャンセルする場合は、キャンセル料が発生します。式が近づくほどキャンセル料は高額になるので、予定が変わったらできるだけ早い時期にキャンセル・変更の手続きを行いましょう。

契約時には、見積もりの詳細、支払いの時期(タイミング)、式の延長料金や規約など確認するようにしてください。

契約後には、あなたの式をサポートする担当者が決まります。「ウェディングプランナー」や「ブライダルコーディネーター」など、いわば結婚式に携わる専門家ですね。

ここからは、新郎・新婦、そして担当者の3人が「チーム」として、一緒に式のプランを考えていくことになります。

もし、担当者と話が合わない…
何となく気に入らない…

そんな場合は、別の人に替えてもらうこともできます。

具体的な打ち合わせは、式の3~4ヶ月程度前から始まります。

それまでに、招待客のリストを作成したり、大まかな演出・プログラムを決めたり、自分達でできることは進めておきましょう。

打ち合わせの回数は3~5回くらい。
特に希望する「こだわり」のポイントや、疑問点、困っていることなどあれば、遠慮せずどんどん担当者に相談してください。

相手は結婚式のプロ。きっと有益なアドバイス、サポートが得られるはずです。

2.招待客の選び方と報告時のマナー

2-1.招待客の正しい決め方・選び方

結婚式招待客の選び方

結婚式に招待するゲストは、「親類」、「友人」、「仕事関係」、大きくこの3種類に分類することができます。

まずは、「必ず招待しなくてはならない人」、「招待したい人」、「できれば招待したい人」という風に優先順位を決めて、徐々に人数を絞っていきます。

会場の規模など考慮して、無理のない参加人数でまとめましょう。

次に、「一つのテーブルに何人座れるか」を考えて、近しい人同士でグループ分けします。

血縁関係、知人同士、会社関係…
と言った具合ですね。

親族については、誰を呼ぶべきか、必ずご両親に確認するようにしてください。

結婚する当人達と付き合いがあまりなくても、親の関係で呼ぶべき人(お世話になった人)が少なくないからです。

招待客の選出については、かなり神経質になる方も多いようです。しかし実際には、明確なルールが存在するわけではありません。

会社関係の人間は呼ばないという人も増えていますし、両家の人数を無理に同数にしなくてもOK。

本当に呼びたい人、祝福してもらいたい人を優先して呼ぶようにしてくださいね。

遠方から招く参加者については、旅費の一部(または全額)を負担するのがマナー。

もしくは、ご祝儀を辞退する、宿泊場所を手配するなどして対応しましょう。

負担する金額・内容については、招待前に明言して、相手側を困惑させないよう配慮してください。

子連れの招待客に関しては、子どもの出席を遠慮してもらうことも検討してみましょう。

一番盛り上がるはずの感動の場面が、子どもの泣き声でぶち壊しに…
なんてことになりかねないからです。

招待時、子どもは遠慮して欲しい旨を丁寧に伝え、最終的な判断は当人に委ねましょう。

2-2.親族・知人や友人・仕事の関係者に報告するときのマナー

結婚報告時のマナー

結婚式に招待する・しないに関わらず、家族・友人・職場の関係者には、結婚することを伝えておきます。

招待客に対しては、あらかじめ電話などで式の日時など伝えておくとベター。出席を口頭でお願いしましょう。

主賓については、自宅を訪問して、より丁寧な形で報告します。

この段階である程度は出席者の人数・顔ぶれなど判断できますから、時間に余裕を持って報告することをおすすめします。

親族に関しては、親から報告してもらう方法が一般的。お世話になっている人、年長者などから順に報告します。あわせて式の日取りを伝え、出席の有無も確認してもらうと良いでしょう。

招待しない親族に対しては、「友人中心の式」である旨を伝えて、後日、挨拶に伺うようにしてください。

親族内で不幸があった場合は、しばらく時間を置いてから発表・報告します。間違っても通夜や葬儀の席では報告をしないでください。

職場では、まず直属の上司に報告。式の日取りが決まってからで問題ありません。

できれば、会議室など落ち着いた場所で報告するようにします。その際、結婚後も仕事を続けるのか、退職(寿退社)するのか、はっきりと伝えましょう。

同僚には、できるだけ同じタイミングで報告します(噂で広まる形は好ましくありません)。朝礼時などに「発表」するのも良いでしょう。

仕事上の関係者を式に招待しない場合は、式を「親族だけで行う」旨を伝えてください。

知人・友人に報告する場合は、仲の良い人、親交の深い人から順に伝えて問題ありません。

グループで付き合いのある友人については、全員そろった場所で同時に報告(発表)できれば理想的。

食事会などセッティングするのも良いでしょう。関係が疎遠な知人には、結婚の「お知らせ」を郵送するだけでもOK。

最低限、自分の周囲に「結婚を知らない人」がいないように配慮してください。

結婚報告は口頭で

結婚の報告に関しては、メールで済ませてしまう方も増えています。

確かに手軽で良いのですが、基本的には口頭で伝えるのがマナー。

また、結婚の適齢期を過ぎている女性の中には、知り合いの結婚に対してナーバスに反応する人も。

あまりはしゃぐことなく、控えめな表現で報告するのもマナーです。

関連記事

  1. 面食いの心理を分析

    恋人を外見で選ぶのはアリ?ナシ?「面食い」の心理を徹底分析

  2. 男性から嫌われる5つの行動パターン

    だからあなたは嫌われる?男女関係が冷めてしまうNGな行動パターン

  3. 愛を育む

    「恋」から「愛」を育む4つのステップ!出会いから結婚までを考える

  4. 結婚式当日の準備とマナー

    結婚式当日の準備とマナー。「二次会」の計画について

  5. 夫婦の正しい付き合い

    実家・親戚・ご近所・ママ友…夫婦の正しい「お付き合い」とは

  6. 結婚披露宴

    披露宴の余興や司会は誰に依頼すべき?演出とプログラムの選び方

  7. モテ戦略

    男性目線の「モテ戦略」!美人じゃないのにモテる理由とは

  8. 結婚式のおもてなし

    招待客の思い出に残る「おもてなし」を。結婚式の料理・装飾・席次

  9. 重い女性

    あなたがフラれるのは「重い」から?男女関係を充実させるテクニック

人気記事ランキング

  1. 面食いの心理を分析
  2. 食べ過ぎ、プチ断食、置き換えダイエット
  3. 結婚のマナー
  4. 愛を育む
  5. 正しい生活習慣
  6. 女性に多い病気
  7. 女性の身体とホルモンの関係
  8. 頭が良く見える話し方
  9. 乳首の黒ずみ解消
  10. 片頭痛

ピックアップ記事

  1. アクネケア たっぷりお試しキット ファンケル【アクネケア全成分】たっぷりお試しキットを美容のプロが解説
  2. メルライン(MELLINE)の効果と口コミ メルライン(MELLINE)の効果と口コミを美容のプロが解説
  3. ストレピアの口コミ・効果・成分 ストレピアの口コミ・効果・成分を美容のプロが解説
  4. スキンケア化粧品の選び方 スキンケアの方法は化粧品の種類によって違う?正しい選び方も確認!
  5. 面食いの心理を分析 恋人を外見で選ぶのはアリ?ナシ?「面食い」の心理を徹底分析
  6. 独身女性の老後2 独身女性の老後②孤独だから不幸?一人暮らしの「人付き合い戦略」
  7. ナチュラルメイクの基本テクニック ナチュラルメイクの基本テクニック!自然に見せるポイントは
  8. 妊娠・出産 妊娠や出産を考える前に…避妊や高齢出産、「自己実現」について

特集記事

  1. 人間関係・生き方
  2. 女性の幸せ
  3. 女性の体の悩み
  4. 愛を育む
  5. 夫婦の正しい付き合い

最近の記事

  1. アイキララの口コミ・効果・成分 アイキララの口コミ・効果・成分を美容のプロが解説
  2. 毒親の種類と特徴 毒親の種類と特徴をチェック。毒親に育てられた人はどうなる?
  3. シワ対策で効果的なアンチエイジング シワのせいで「老け顔」に…おすすめの化粧品や有効成分は?
  4. 独身女性の老後2 独身女性の老後②孤独だから不幸?一人暮らしの「人付き合い戦略」
  5. アクネケア たっぷりお試しキット ファンケル【アクネケア全成分】たっぷりお試しキットを美容のプロが解説
  6. 独身女性の老後1 独身女性の老後①意外と楽しみ?一人暮らしの幸せは「住まい」から
  7. 在宅ワークを始める女性が急増 在宅ワークを始める女性が急増。求人も収入も少ないのになぜ人気?
  8. 専業主婦のボランティアと学び 専業主婦と心②40代~50代から始める「ボランティア」と「学び」
  9. 全身をトータルにケアする方法 女性に多い「体の悩み」。全身をトータルにケアする方法まとめ
  10. ラ・ミューテの口コミ・効果・成分 ラ・ミューテの口コミ・効果・成分を美容のプロが解説

おすすめ記事

  1. 心に関係する病気1 心に関係する病気① 自律神経失調症・摂食障害・過敏性腸症候群
  2. 月経生理 生理に関する基礎知識!月経による痛みや心の変化…病気との関係も?
  3. たるみとくまの予防法・解消法 40代~50代から目立つ「たるみ」と「くま」。予防法・解消法は?
  4. 独身女性の老後2 独身女性の老後②孤独だから不幸?一人暮らしの「人付き合い戦略」
  5. スキンケア化粧品の選び方 スキンケアの方法は化粧品の種類によって違う?正しい選び方も確認!
  6. 結婚式の準備・計画 結婚式の準備・計画をスムーズに進めるために。立案時の注意点
  7. 乾燥肌の正しい対策 「乾燥肌」正しい対策は?効果的な「保湿」の方法とおすすめの化粧品
  8. 専業主婦のボランティアと学び 専業主婦と心②40代~50代から始める「ボランティア」と「学び」
  9. 素敵な出会いを実現する方法 素敵な「出会い」を実現する方法は?チャンスが増える行動パターン
  10. 心に関係する病気2 心に関係する病気② パニック障害・過換気症候群・突発性難聴
PAGE TOP