披露宴の余興や司会は誰に依頼すべき?演出とプログラムの選び方

結婚披露宴

式の進行を担当する「司会者」、披露宴を盛り上げる「余興」。そして、一生の思い出を記録に残す「カメラマン」。

どれも結婚式に欠かせない存在です。どのように選び、誰に頼めば良いのでしょうか。招待客に重荷を背負わせるのはちょっと…そのように考える方も多いはず。

「お色直し」の回数は?「乾杯」のタイミングは?式のプログラムや演出などとあわせて、打ち合わせの流れ、計画立案のポイントを確認しておきましょう!

1.披露宴の演出、プログラム、人選について

1-1.披露宴の余興・スピーチ・演出・受付は誰に頼む?選び方と考え方

披露宴の余興・スピーチ・演出・受付披露宴の余興や演出については、式の1ヶ月くらい前までには全体の構成を決めておきたいところ。
友人や身内にスピーチ、余興をお願いする場合には、招待状を送る前に打診してみましょう。電話で丁寧にお願いして、その後、招待状にもメッセージカードを同封し「よろしくお願いします」と謝意を伝えます。

余興とスピーチは、新郎新婦それぞれ1~2組くらいを選ぶのが一般的。一人当たりの持ち時間は5~10分くらいが目安です。カラオケ用の機材、楽器など、必要な物はあらかじめチェックしておきましょう。

乾杯の発声は主賓かスピーチの担当者にお願いします。年配の親族、もしくは友人でもOK。スピーチは、同級生と職場の上司、親族と勤務先の同僚、といった具合に、関係や立場の異なる人選がおすすめ。1人あたりの持ち時間は3分くらいで調整してみましょう。

「受付」を親族や知人に依頼する場合は、招待客の応対や記帳をスムーズにこなせる「接客業の経験者」が最適。ちょっとした「作業」をお願いするわけですから、丁寧に依頼し、後日お礼にうかがいましょう。

※ご祝儀の管理は責任が重いので、近親者に依頼するのがマナーです。

1-2.計画の流れは?「お色直し」と「乾杯」の注意点

披露宴計画の流れまずは披露宴全体の「コンセプト」を決めます。とにかく盛り上がる「楽しい披露宴」にするのか、落ち着いた雰囲気で「格式高い披露宴」にするのか…考え方はあなたたち次第。

とはいえ、式場では基本的なプログラムが用意されていますから、ゼロから全て考える必要はありません。一般的なプログラムにいくつかの希望をプラスして「アレンジ」すればOKです。

披露宴の時間は2時間30分~3時間くらいが目安。合間に司会が入るので、余興や演出にあてられる時間は実質2時間くらいだと考えてください。タイトなスケジュールはNG。招待客が落ち着いて飲食できません。

「乾杯」を早めに済ませることも必要。乾杯を「合図」として、招待客は飲食を始めることができます。主賓のあいさつなどが長過ぎると、招待客は料理を前に「おあずけ」状態に。長めのプログラムは中盤~後半にセッティングしましょう。

「お色直し」の回数にも要注意。1回あたり30~45分くらいの時間を要するため、3回お色直しすれば披露宴の半分以上を退席する計算になります。
新郎新婦は式の主役。できるだけ招待客に姿をお披露目できるよう、退席の時間・回数は減らすよう配慮してください。

1-3.おすすめのプログラムは?配慮すべきポイント

披露宴のプログラム披露宴を盛り上げるコツは、プログラムに「メリハリ」をつけること。メインとなる演出を2~3つくらいセッティングして、合間にちょっとした余興をはさみます。似たようなプログラムが多過ぎる、一つの演出が長過ぎるのはNG、ということですね。

例えばメインの演出としては、新郎新婦の入場、ケーキカット、ご両親への手紙(感謝の言葉)を朗読、お色直し後の再入場、キャンドルサービスなどが挙げられます。余興は後半に入れるのが一般的。楽器の演奏やカラオケ、ビデオの上映、クイズやビンゴゲームなどおすすめです。

披露宴の演出や余興は多様化が進んでいます。厳しいルールや決まりがあるわけではないので、招待客から喜ばれるような、雰囲気の盛り上がるようなプログラムを考えてみましょう。

あなたたち新郎新婦が楽しむことも大切ですが、参加者の年齢、顔ぶれなどに配慮することも大切。年配の方の中には、派手な演出を「騒々しい」と敬遠する向きもあるようです。賑やかなプログラムは「二次会」にまわすのも良いでしょう。

 2.司会者とカメラマンの人選

2-1.司会は誰に頼む?プロに依頼すべき理由とは

披露宴の司会者披露宴の進行・雰囲気作りは「司会者」にかかっています。司会者は式場専属のプロに頼むか、司会プロダクションに依頼する方法がおすすめ。費用はかかりますが、スムーズな進行を期待できるでしょう。希望する司会者のイメージ、年齢や性別など伝え、二人の式にぴったりの人選を目指しましょう。

司会者とは必ず打ち合わせを行います。プログラムの内容や進行を確認しつつ、二人のなれそめ、家族のエピソードや思い出など伝えてください。事前にアンケート用紙など渡されることもあるので、正直に記入してくださいね。ちょっとした情報が司会に彩を添え、披露宴の雰囲気作りにつながります。

逆に、避けてほしい話題、NGワードなどある場合も伝えておいたほうが無難。例えば、どちらか一方が「バツイチ」、もしくは「できちゃった婚」だと、ふとした拍子に「変な空気」が漂うことも…。そのあたり、プロの司会者なら上手に「回避」してくれます。

司会は友人や知人に依頼してもOKですが、かなり責任の重い仕事です。結婚式・披露宴などゆっくり楽しむ余裕はなくなりますし、何度も打ち合わせ(リハーサル)を重ね、台本など用意することも必要。
プロに依頼する場合に比べて、倍くらいの時間・手間がかかることは覚悟しておきましょう。小規模な式を例外として、司会はやはりプロに任せたほうが無難です。

2-2.カメラマンもプロがおすすめ!写真と映像で「思い出」を形に

結婚式・披露宴の写真撮影結婚式や披露宴では、思い出を形にする「写真撮影」、「DVD撮影」などにこだわる方も多いことでしょう。式の写真は「記念写真」と「スナップ写真」の2種類に分類されます。
記念写真は、スタジオで撮影する家族の集合写真、新郎新婦のツーショットなど。スナップ写真は、結婚式の当日にカメラマンが撮影する記録写真のことです。

いずれもプロのカメラマンに依頼する方法が一般的。特にスナップ写真は撮り直しができないので、素人には難しいと考えてください。数百枚撮影する必要があるので、基本的には式を楽しむ余裕もありません。式場専属のカメラマンなら腕は確か。式の流れなど熟知していますから、シャッターチャンスを逃すこともないでしょう。

最近では映像(DVD)撮影のサービスも人気ですが、一般的な式場で料金は15万円前後とやや高額。式に参加できない家族、知人などいる場合は見せると喜ばれるので、依頼を検討してみるのも良いでしょう。

外部のカメラマンに依頼する場合は、「持ち込み料」の有無を確認しておいてください。できれば事前に会場を下見してもらい、撮影して欲しいポイント、式全体の流れなど打ち合わせで伝えておきます。撮影した写真(画像)や映像をアルバムで受け取るのか、データで受け取るのか、そのあたりの確認もお忘れなく。

演出や余興で式を盛り上げて、写真や映像で「思い出」を形に残す…。
二人の共同作業で素敵な「作品」を仕上げましょう。

とはいえ、結婚は誰にとっても「初めて」が普通。分らないこと、戸惑うことも多いはずです。適時、式の担当者、「経験者」であるご両親などからアドバイスをもらい、計画的に準備を進めてくださいね。

関連記事

ピックアップ記事

結婚式のおもてなし

2015.9.30

招待客の思い出に残る「おもてなし」を。結婚式の料理・装飾・席次

結婚式は新郎・新婦、二人だけのものではありません。両者の家族、親戚、知人、勤務先の関係者など、様々な人々が参加するイベントです。どうすれば招…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る